CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
カメラバッグ新調
0

    先週カメラバッグを新調した。

     

    リュック型のエレコムのプロ用のバックパック型のカメラバッグ。

    今年に入って案件が多様化してるのもあって、今まで使っていたビリンガムのショルダーがあまりにも重く感じて辛くなってきた。まあ年齢のせいもあるのかもしれない。たぶんあと5歳若い頃ならこだわりの気持ちだけでビリンガムを持てたんだけど。

     

    いや、どうかな。

    年齢というのは体力的な話ではなく、おそらく経験からくるものかもしれない。このリュック型の方が効率的だと考えるようになったということじゃないかと思う。

     

    本当に色々な仕事道具に関して、今年は徹底的に効率化を進めている。事業が乗ってきている今、少しでも早くスムーズに仕事をこなさないといけない。時間を無駄にするわけにはいかないからだ。

     

    カメラバッグ同様、人も新調していく。

    クライアントも、雇う人間も。

    人を見る目をもっと磨かないといけない。人でまだまだ失敗しているところが大きい。

     

    これからも新しい人間と山ほど会っていくことになるけれど、この人に関する意見は

    今一番信頼しているクライアントの社長の意見が本当に参考になる。

    彼との信頼関係がknotを成長させてくれるような気がする。

    今年出会った人の中で一番尊敬している人物だ。こういう人を得られたことがknotにとっての一番の利益。

    彼のいいところをすべて吸収していきたい。

     

    このエレコムのリュックに変えてから、仕事が格段に楽になった。

    背負うだけで重さは分散されて物を運ぶのが非常に楽になる。重ければ重いほどよくわかる。

    カバン自体の金額にしたらビリンガムの8分の一くらいだろうと思う。

     

    金額と道具としての価値はイコールではない。

    以前は外国かぶれだったけれども、今は日本の製品がとても素敵だと思う。

    使う人を徹底的に考えて作られてるのを感じると、製作者の苦労を想う。

    仕事で使用するということだけを考えるようになったらプロだろうと思う。

     

    最近時間があると読書をするようになった。もう文庫本なんて買わなくなったけれど。

    ぜんぶKindle。

    時代だなと思うけれど、活字を読むことが最終的に一番効率的に知恵やアイデアをくれる。

    読書を楽しめる時間的余裕を作らなくちゃいけない。

    時間がないとか言ってる人は大抵仕事の効率が悪いか、休みの使い方が下手くそなだけ。

    時間は作るもの。そういう感覚を持たなきゃいい仕事なんてできやしないのじゃないかと思います。

     

    | Log | 21:54 | comments(0) | - | pookmark |
    ロックスター
    0

      だいたい僕の尊敬する人は、傲慢と皮肉をバランスよく持ち合わせている。

      僕もある程度そういう方向性で生きて行きたい。

       

      脚がダメになるまではこのまま突き進む。

       

      ストイックにやればやるほどどんどん視野が広くなっていくのを感じる。

       

      面白い!

       

      面白い!

       

      毎日どんどん面白くなっていく!

       

      ウェディングフォトはロックで、僕が目指してるのは最高のロックスターだ。

       

      | Log | 00:24 | comments(0) | - | pookmark |
      no title
      0

        毎日色々ありますが、

         

        何があってもお客さんの笑顔と、

         

        美しい写真が僕の心を救ってくれます。

        | Log | 23:19 | comments(0) | - | pookmark |
        こんな時間に目が覚めたので、ブログを書く
        0

          おはようございます。

           

          本当にバタバタしておりまして、毎日何かしらの撮影だったり打ち合わせだったりが入る今日この頃。

          色々なものの歯車がガシッとかみ合うようになって来てきちんと規則正しく回り始めたという手応えみたいなものを感じている。

           

          いろんな人からいろんな話が来るけれど、最近多いのはカメラマンいりませんか?

          という話です。

           

          正直使える人なら欲しいかもしれないけれど婚礼を撮ったことがない人は今の所いらない。それに撮ったことがない人が仕事がないといって簡単に教えてもらえると思ったら大間違いで、そんなに甘い世界ではない。修行が必要です。辛い修行に耐えないと仕事できるようにはならない。

           

          実際僕自身、これからエンドロールムービーをリスペクトしているスペシャリスト2人に教えてもらうけれど、彼らにその対価は支払う。当然のことです。それで今後利益を得ようとしているから。

           

          うちに来る人はそのくらいの気持ちを持ってくれた方がいい。あぐらをかいていても平気なくらいの会社ならまだしもうちはスタートしたばかり、ガツガツしている人じゃなかったら今後容赦無く切っていきます。利益にならないものを抱えていたらknotは成長していけないので。

           

          この世界には努力しないカメラマンが山ほどいてそれで食えないと嘆いたり、甘い汁を吸おうと近づいて来るわけだけどうちに甘い汁なんてない笑 だいたい苦い。稼げるかどうかはその人次第です。うちは努力は結果を生むし、結果を出せば評価する。そういう世界だということ。

           

          あと今後knotで直接雇う人は喫煙者は入れないことにする。募集要項に書くことにしようと思ってる。

          この婚礼業界に携わっているということのその人はもちろんKnotのプロ意識を生むため、あとは仕事の無駄を省くため。

          やっぱりニコチン切れると集中力落ちるんですよね。喫煙しにいく時間も、タバコを買うお金もなんのメリットもない。

          あと健康的に短期的にも長期的にもマイナスでしかない。

          意識の低い人はやっぱりダメ。そういうメリットさえわからないようなくらいニコチンに侵されている人間はいらないっす。

          ここだけは徹底していくことにした。

           

          この業界喫煙者だらけですけどね。

          だからこそ だろうと思う。

           

          先月私情を訴えて契約外の話を撮影を終わった後に言ってきた人(カメラマンとさえ言いたくないような人)がいたけれど、ビジネスの世界でそれはやってはいけない。そんなこともわからないロクでもない人は本当に関わってはいけないと思った。時間の無駄。私情なんて自分でどうにかしろよ。っていう話。関わる人間も厳選していかなくてはいけない。

           

          本当に厳しいことばかり最近言ってるけど、そのくらい徹底してやってるからKnotが仕事が得られているということです。それだけは間違いない。断言できる。

           

          昨日電話がご新婦様からかかってきてアルバムの打ち合わせが入ってしまって急遽会うことになった。かかってきた電話はすぐに出る。求められればすぐに会う。前向きに色々と検討してくれているので、いい仕事をして喜んでもらいたい。今回に限ってはエンドロールだけは損をさせないので契約して欲しいと思ってる。新郎はおしゃれで、新婦は超可愛いんです。こんなカップルに最高の写真と映像を提供したい。

           

          2人とknotを巡り合わせてくれた神様と会場に感謝!

           

          今日も全力で撮ってくる!

          朝飯準備しよう!

          | Log | 06:23 | comments(0) | - | pookmark |
          no title
          0

            縁と言うものは本当に不思議なもので、初めからそれは決まっていたことのように感じるからきっとあがいても無駄なのかもしれない。日々そういうことを考えざるを得ないのです。この仕事をしていると。

             

            とにかく今はいい写真を撮って、周りの人間の期待に応えていくだけです。

             

            死ぬ気で立ち向かおうとしている人間というのは、自分を守ろうとはしない。

            捨て身でなければこの世界で生き残っていくことは多分できません。僕みたいな人間に喰われます。

             

            今この歳でやっと自分のフィールドを手に入れられました。相変わらず弱肉強食の厳しい世界です。

             

            これからknotはフォトグラファーやムービーカメラマンを育てていかないといけません。

             

            でも無難にこなせる程度のクリエイターはいらない。そんな人が食っていける世界には

            したくないのです。

             

            人を感動させることで自分が感動できる人間じゃないとつまんねーよ!

            こんな面白い世界を自分でつまらなくしてどうすんだよ!

             

            そういう人が最大限評価されて稼げる世界じゃなくちゃこんな仕事をやる意味は全くないんですよ。

            物をつくるんじゃないよ、価値を作ることがクリエイターだろ!

             

            美を求め。

             

            美を造る。

             

            これがフォトグラファーの真髄ではないかと思います。ここに達するまでまだまだ全然足りません。時間もお金も労力も人も信頼も実績も。

            | Log | 00:38 | comments(0) | - | pookmark |
            | 1/236PAGES | >>