CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 酒を飲んで涙で枕を濡らす | main | 最悪 >>
写真家の特別。
0
     僕はやっぱり仕事で撮影をしているときっていうのは、無意識のうちにものすごく集中しているんだと自分でビックリしました。だから撮影が1日続くような日は本当にヘトヘトに疲れます。だけど、無意識のうちに集中しているって言う感覚は僕は他には得られない物なので、そういうものを持っているという事が特別なんだろうなって思うのです。

    それはまさに没頭という言葉がぴったりかもしれない。僕は僕のフレーミングを瞬時に探して、そこに移動して、移動するまでに露出を合わせて、絶好のタイミングでシャッターを切る。これをずっとずっと繰り返すわけです。僕はそれを無意識のうちにできるようになった。カメラを持ったら自然にそうなってしまうのです。

    うまく言い表わせないけど、それはそれは特別なんですよ。撮影って言うのは。

    撮影の前のものすごい緊張感、撮影中の没頭、そして仕事の後の気持ちいい疲労感、充足感。満ち足りる感覚。

    他にはない、それはそれは特別なものなのです。

    この気持ちは写真家ならではじゃないかなと思う。
    | Log | 21:23 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする