CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 恒例のあれ。 | main | Turn on me >>
風林火山
0
    NHK大河ドラマにもなっていた風林火山の原作を読みました。大河ドラマを見ていた人は知っていると思いますが、これは甲斐の国、武田家の軍師、山本勘助が主人公の物語です。
    僕はこの山本勘助という武将が好きで、戦国大名であれば武田信玄が圧倒的に好きなんです。優秀な部下に恵まれた天才的トップ。もうこうなっては向かう所敵なしでしょう。
    武田家が騎馬隊の圧倒的な強さであっという間に甲斐、信濃を平定していくさまは読んでいて爽快極まりなく、そしてまた晴信(信玄)のプレイボーイっぷりも彼の器を感じさせます。そこで由布姫の悋気やら、跡継ぎの事やらでも頭を悩ませる勘助は本当に世話焼きなおじいちゃんそのままで、まあ戦のシーンと打って変わって笑ってしまうのです。
    勘助は武田晴信に女色を断たせる為に出家をさせて、晴信は信玄と名乗るようになったわけです。
    山本勘助はその武田信玄を一番近くから支える天才軍師。彼の助言で武田は負け知らずの戦を重ねていくのだけど、その前に信玄の最大のライバル越後の上杉謙信が現れるわけです。
    勘助の案で妻女山で展開した啄木鳥の戦法が見事に謙信に見破られ、武田家が一気にピンチに陥り、重臣が次々に討ち死していくさまなんか、とてもスピーディに展開されてワクワクしてしまいました。
    実はこの山本勘助という武将が実在したのかどうかというのは分かっていないそうです。そういうミステリアスな部分にも僕はすごくロマンを感じていて、とにかくこの山本勘助がすごく好きなんです。あの頭のキレと、醜い容姿。このギャップも良いんだよなぁ。
    由布姫と勘助、晴信と勘助、高坂昌信と勘助、勝頼と勘助、どの会話を読んでいてもこの侍はどうも僕の大好きなタイプのおじいちゃんであり、侍なんです。
    久々に小説ですごくワクワクさせられた。それに勘助は見事な最後だったなぁ。爽快な読後感ってすごくいいもんだなぁ。
    | Moblile | 20:07 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする