CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< のぼうの城 | main | 宇喜多秀家 >>
No title
0
    おそらく少し疲れが溜まっているのとなんだかいろいろなことが複雑に絡み合っていてもう少しシンプルに物事を運んでいきたいという希望が自分の中にあって、それで少しの間休みが必要なのかなとこの所思っていたのです。しかし結局その考えも違うような気がしていますが。
    僕は写真家と自称していますが、写真家と自称できるほどのバイタリティを自分が備えているのかよくわかりません。写真はすごく好きですが、結局好きなだけでは写真は撮り続けられないのです。僕の場合は。
    だから周りの方たちから次は次は?と聞かれるのは、もちろん期待されていることを考えれば嬉しいのですが、辛いと感じることも最近はしばしばあります。何というか、そう言われると逃げたくなっちゃう。天邪鬼なのかなんなのかよく分からないけれど。
    わがままなのかもしれないけれど近い友人と合ったりする以外、情報はほとんどシャットダウンしています。もちろん意図的に。ツイッターやFacebookも何か必要な連絡があった時しか見ていません。なんならiPhoneからアプリを消してしまおうかなと思っているくらいです。
    僕にとって写真を撮るということは、ものすごくいろいろな物を一気に消費することなのです。だから、撮るとなるとそれなりの覚悟が必要です。そして今その覚悟はありません。
    自分ではもうこの部分は変えようがないのです。だから自分のなかでバランスが取れる状態まで写真は撮らないでおこうと思う。一般的にはこの状態をスランプというのかもしれないけれど、僕は特にマイナスに考えているわけでもありません。このまま撮れなきゃ撮れなくて良いです。
    僕は職業として写真家を続けていくつもりも、その先の何かを目指しているわけでもない。賞を狙うとかそんな野望もない。そういうことに憧れは一切ありません。そしてその辺りに関してはなんのプライドもないので、自己満足と言われれば、すんなり認めます。
    それと文章を書く事も一定のエネルギーを必要とします。最近ブログを書いていないのはこのせいです。
    僕の場合、人に何かを真剣に伝えようという気持ちは、その相手に対して自分の魂を全力で投げてぶつけるようなことです。要するにずっと魂を全力で投げ続ける力が自分にあるのかどうか。もちろんそういう人を見て憧れますが。
    もう、これ以上はきっと言いたい事が上手く纏まらないのでこの辺にしておきます。すみません。
    | Moblile | 13:21 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする