CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< マイルスデイビスは抱きしめてくれない | main | 美人画報 >>
west wind
0


    今日僕は来年やろうと思った個展の作品撮影のための海外行きを延期する旨を現地の友人に伝えた。

    もちろんPSTでそれどころではないからだ。僕が今全てをほっぽりだして長期間海外に行くわけにはいかない。

    今は雨季だからここには来ない方が良いと彼は言っていたけれど、僕は雨季ならばそれはそれで良い写真が撮れるような気がしてる。僕はそういうことはあまり気にしないし、そもそも僕がそこに行けば必ず作品が撮れると信じている。

    でも、いろいろなことは常に変化していて僕はその時々で最適な選択をしていかないといけない。

    彼の言葉をそのまま掲載します。

    but when you feel that its time to go here just contact me here you are always welcome anytime

    僕は本当にラッキーだ。こういうことを言ってくれる友人は、しかも社交辞令ではなく心から言ってくれる友人というのは本当に宝物だ。日本人は社交辞令で、こういうことを言う人は多いのだけど、外国人の中にはそれはあまりない。

    だから僕は彼のことは心から信頼している。必ずきちんと答えてくれるから。僕も彼に対してそうしなくてはならないなと思う。また再開した時にはまず抱き合うことになる。彼は僕より背が小さいのだけど、横幅は大きくて可愛らしいのです。

    僕たちはお互いのことをbroと呼び合ってる。兄弟という意味で、僕は海外でも生活していたけれどこんな呼ばれ方をされたことがなかったので、初めは意味が分からなかったけど、意味が分かってしばらくは少しこっぱずかしいなと思ってたんですよね。慣れるとなかなかクールだなと思えてくる。不思議なものです。

    なんかビーボーイみたいでね、恥ずかしいんですよ(笑)

    いろいろなことが落ち着いたらまず、自分の作品よりもbroに会いに行かないといけない。

    写真は先月生まれたうちの甥です。ヨッパの時に撮ったらより過ぎてしまった。

    | Log | 23:11 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする