CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 器のこと マーティン・パーは古田織部の | main | 風邪予防策のことは宿泊客はわかってくれないのかもしれない >>
秋の展覧会のこと
0
    実質3年ぶりになってしまうのですが、展覧会を秋に開催することになりました。

    友人の写真家と四人で開催するということと、ギャラリーについては決まっているのですがテーマや詳細はこれから詰めていこうという話になっています。

    僕は今までずっと一人で写真を撮ってきて、ようやく写真について真剣に語り合える友人ができました。(15年もかかってしまった。)今年に入って初めてちゃんと話したような感じだったのだけど、年齢が近いこともあり、お酒がみんな飲めるということもあり、一気に距離が縮まったような感じがしました。

    たぶん同業者の人と仲良くなるにはある程度の壁を壊す必要はあるんじゃないかと思う。なぜなら、皆それぞれプライドがあるはずですから。それは隠しようもないことです。その壁を壊すのは自分側からやらないといけない。僕は基本的に自分側の壁を壊すのは得意。だけど、少し壊してみて相手の方が壁の割れ目から見えたとしたら、そこから少し覗いてみて、この人は大丈夫そうだと思ったら一気に崩してしまうというやり方をしている。歳を取れば取るほど経験則から臆病になってその傾向は強くなる。

    僕は、もともと壁は薄いから壁を壊すのは割と簡単なのだけど。たぶん寄りかかっただけで崩れるかもしれない。

    でも実際のところ、壊さなかった壁なんて山ほどあるし、一度壊そうとしてからまた壁をとても分厚く作り直したことだってある。

    各々、すでに撮っているものを出す人もいれば、僕は撮り下ろしになる。そして作品販売もおそらく僕はやります。撮り下ろしとはいっても、これからにっぽん丸に乗ることになっているので、時間が限られているので行く前に撮りきれたら取ってしまおうと思っている。

    新作のnoraになります。連続してしまうけれど、小規模でグループ展に向いている作品としてはこれがベストかなと思う。完全な新作というよりはやはりグループ展なので小規模になるから番外編という感じになってしまうかもしれないけれど。

    それとは別に大きな作品を一つ撮り始めた。

    PSTをやっていた時にも、この作品のことは結構考えていたのだけど、去年全然余裕がなかったので何もできなかった。

    ありがたいことに友人や知り合いの方々がモデルを紹介してくれ撮り始めることができそうです。まだテーマに関してはいう段階ではないけれど自分なりにこのテーマを噛み砕いて完成させたい。なにより久々にきちんと自分の作品に向き合えることはとてもエキサイティングです。

    今後徐々にブログやツイッターで写真やカメラ、作品についても話していきたいと思います。

    そうそうインスタグラムも僕はもう少し自由に使っていこうかなと思っているんですよね。
    簡単な作品発表の場にするにはなかなか悪くない。

    あとは、ショットジャパンのポータルサイトで僕のギャラリーが紹介されています。
    あと友人の廣田さんのギャラリーも僕の紹介の上にある。

    https://www.shot-japan.com/initialGuidance.php

    よかったらご覧ください。nora2の作品もそのまま見て購入できるようになってます。
    | Log | 13:38 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする