CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 価値の話 | main | 古い友達 >>
機材について
0
    仕事で使うカメラ及び、パソコン等について今下船している間に調べたり新しく買ったりしているのですが、α7が本当に使い勝手がいい。信じられないくらい劇的にシステムが前回乗船した時から変わり、すぐに僕の一部になってしまったような感覚がある。なんというか愛しくて仕方ないくらいいい仕事をしてくれるのです。

    難しいことは書かないけれど、キャノンを使っていた大先輩が僕の機材を見てソニーに変えたいと言ってくれました。嬉しかった。先日彼と飲んだ時だったのだけど。そのくらい素敵なのです。

    もちろん完璧ではないし不満なところはあるけれど僕はもう何がなんでもαから離れないと思う。

    船の仕事だけじゃなくて、どんな仕事においても一定の使いやすさは超えている。スピード感、レスポンス、デザイン、大きさ。

    機材に余裕があると仕事に余裕が生まれる。もちろん技術や知識も必要だし、何より人を撮るならば圧倒的に必要なスキルは、それ以上のコミュニケーション能力。僕は生まれ持って人が好きな性分だから。そしてなにより写真が好きでないといけないですね。でも写真だけではダメでいろんなことを知っていることが大切なんじゃないかと思う。カメラマンとして魅力的であると言うことはそれらの統合だと思います。写真の価値を上げられるかどうかは、そういう優秀なカメラマン、写真家が増える事だと思う。

    だらだらと少し書きます。ここからは少し難しい話になるけれど。

    僕が今メインで使っているのはノーマルのα7、

    α7はシリーズ化されていて現在4機種存在するのだけど、基本的なデザインはほとんど同じで、機能や画質が変わっている。
    僕の仕事にはノーマルのα7で十分、超高画質は必要ないし、ISO感度が兵器として使えそうなやつも要らない。

    実際のところAマウント用のアダプターをつけると、ミラーがつくのでα99とたぶん変わらないし、シャッター音もだいぶ変わる。中にミラーが入ってるからです。なのでポートレートをスタジオ撮影するときはAマウントレンズに変更するのがいいかなと思ってる。やっぱり撮影のリズムにシャッター音というのは大事で、バンドで言う所のベース音みたいなものだから。

    僕がいいなと思っているのはα7供
    実際触って比べてみるとわかるけれど、劇的に使いやすくなってる。僕は船に乗っててぼんやりと触ってみようかなと考えていたのだけど、この間触ってみて驚いたのは細かいところが全て修正されているんですよね。α7で指摘されたデザイン的な問題がほぼなくなってる。まずとても大事なのはグリップが握りやすくなってる。
    α7は非常に浅くて大きくて重いレンズをつけると握りにくいんだけど、これは完全に解決されているんですよね。あとはボタンの配置や傾斜が変わっていて使いやすくなってたなあ。

    あとはボディの塗装がマットになってた。あれはどうなんだろうな。渋いんだけど、レンズとの相性がどうかなって思ったりしたんだけど。

    僕はただα7のデザインに手振れ補正が入っただけかと思ってたんだけど。7兇呂覆鵑箸いΔ確実に僕の心を掴んではなさないんですよね。今の所。

    あとは今年中に出るという噂のα9ですよね。デザインにとても期待しています。

    しばらく書けなくなるので、ここ二日くらいでブログをちょこちょこ更新しようかと思っています。
    | Log | 13:21 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする