CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< heart beat | main | cemetery gates >>
blue in green
0
    草むらでなにやらごそごそとやっている女性を見つけたので、近づいて聞いてみた。

    「なにをしてるんですか?」

    「実は友人がとても落ち込んでいて、送ってあげようと思って四葉のクローバーを探しているのです。」

    僕はその話を聞いてちょっぴり感動したので、彼女の四葉のクローバー探しを手伝うことにした。

    約10分ほど僕と彼女は草むらをごそごそとやって、四葉のクローバーをついに探し当てた。探し当てたのは彼女の方だった。

    詰んでしまったらすぐに枯れてしまうから写真を撮って送りたいと彼女は言ったので、僕はどう撮ったら良いのか考えた挙句、四葉のクローバーを探し当てた彼女の手を入れて撮ることにした。

    それがこの写真。



    彼女は同じ船に乗っている違う部署のいわゆる同僚の方だった。ずいぶん粋なプレゼントをする人だ。

    彼女の友人の心が少しでも軽くなって欲しいと願ってやまない。

    屋久島より
    | Log | 11:57 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする