CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< にっぽん丸となめこの味噌汁の話 | main | トムヨークとウェブギャラリーの移行について >>
次の乗船と秋の展覧会の話
0
    こんばんは。

    次回のにっぽん丸乗船の希望を出してきました。
    原宿に会社があるのですが、こんなに暑いの相変わらず平日にもかかわらず奇抜なファッションの人で溢れていました。僕が中学生の頃はとても前衛的で先進的なファッションが満ち溢れた聖地だと思っていたのだけど、今考えるとあの頃と原宿にいる人たちのファッションがそんなに変わらないような気がしました。先を行っているようで実は保守的なのかもしれないなんて少し思ったりしました。

    秋はブライダルフォトグラファーとして陸で頑張るつもりです。ずっとブライダルフォトグラファーをやることを僕は自分の中で少し躊躇していたところがあると思います。なぜかは良くわかりません。なんとなくとしか言えないのだけど、職業カメラマンの典型というイメージがあって僕はそれとは違うと思っていたのかもしれません。ただ、僕は人を撮るのが本当に好きなんだということが、にっぽん丸に乗って良くわかりました。もちろん今までもそう思っていたのだけど。

    好きなだけではなく、おそらくとても向いていると思います。

    僕の人生はもう半分近くが写真を通して人とつながってきた人生です。
    つながるという意味で、結婚というのは極みですから、僕はきちんとやってみたいと思うようになったのです。
    僕のテイストを存分に発揮して、最高の瞬間を残せるようまた一から頑張りたいと思っています。

    にっぽん丸のお客様もブログを見てくださってる方がいるので、一応次回の乗船について書きましたが、まだ確定ではないですが、乗るとしたら今冬からだと思います。

    秋の展覧会の情報が、ギャラリーのホームページに出ています。

    http://833apart.com/archives/1457

    というわけで、そろそろプリントを始めないといけません。どのサイズでどのように展示するのかずっと考えているのですが、作品が足りないようなら少し撮りに行くかもしれない。たぶん10点前後になると思います。ただ、僕が撮りに行くとしてもそこまで遠出しないので、グループ点の趣旨から外れそうな気もしますが、まあグループ展なのでいいかなという気もします。

    作品のサイズ、大きくてもおそらくA3くらいまでです。作品の販売はあります。パネルにマットをつけて簡単に出すかもしれません。すみません。

    それと展示場所ですが、僕のスペースは一回の入り口近くです。とてもカジュアルな作品なので、(カラーのnoraなので)人が入って来やすそうな入り口近くがいいんじゃないかなという意見でまとまったので、言うなれば先鋒をつ止めさせていただくことになったわけです。

    また情報がわかりしだいブログの方に出していきます。

    最近だんだん色々な選択がシンプルになっていきます。何が良くて何が無駄なのか経験でわかってくるのかもしれないけれど。こうやって人は知恵をつけていくのだけど、知恵をつけることで失うこともあると思います。僕はそういうものを多大に失っていると思うけれど、結局のところ今が一番楽しいし、これからはもっと楽しくしていくつもりです。
    | Log | 23:32 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする