CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< あきのせい | main | 台風一過の子猫の話 >>
effection
0

    今週末撮影がポーンと抜けてしまって忙しい時期だというのになんだか暇を持て余している今週。

     

    自分の中で色々とモヤモヤしていたものが霧が晴れるみたいに、視界が晴れたような気がしている。なぜかというと、昨日月印に行ったから。やっぱりそうか。。やっぱりここだったんだ。

     

    そういうような気持ちにさせられたのです。今年はあまり行かなかったのを少し後悔しているけれど、たぶん行かなかったってことは行くべきじゃなかったのかもしれないな。なんてそんなことを思ったり。

     

    家でデータの処理をしていることに少し飽きたというか、家でマックに向かうのが苦手なので月印で仕事をしてもいいと言われたのでMacBookにデータ詰めて持ってってあそこでやろうということにして色々と今日は準備をしていた。

     

    そこで自分のMacBookProを改めて見直して見たら、なんか液晶のコーティングが剥がれているようでネットで調べたら同じことがたくさんの人のMacBookで起こっているらしい。。全然知らなかったそれで一応アップルに問い合わせて見たら、無償修理の期間外って言われちゃった。うーん。。たぶん10日くらい前にその期間が終わっちゃったみたいです。残念ながら。。

     

    まあ画面の外側だけで写真を見ることに関して別に不都合がないのでこのまま使っていこうと思う。思い返してみたらこのMacBook Proは三年前に買ったみたい。船に乗る前に買ってそれからあまり使ってなかったけど、データ処理に今日初めて使ってみたらこれがなかなか快適で、画面が小さいのがちょっと不便さを感じるけれどスピード感について言えば、デスクトップのMac miniは少し超えているかなっていう感じ。うん、悪くない。ずっと使わなかったのはもったいなかったかな。

     

    次にMacを買い換えるときはMacBookProの15インチにしようかなと今日少し思った。ずっとiMacの27インチって決めてたんだけど。。しばらく悩もう。仕事に使う道具をきちんと選ぶことはとても大切だなとウェディングフォトグラファーになって改めて痛感している。仕事なんていかに楽をするかだろうと思う。そこにかけたお金はすぐに回収できるのだから。

     

    時間に余裕ができたことで、色々とアイデアをひねり始めた。というか、たぶん月印に行ったおかげで僕の心に火がちゃんとついてくれたみたい。いろんなことがあって僕は少し空っぽになっていたのかもしれない。空っぽになるくらいのことがあったし、それはたぶんほかの人にはあまりわからない。色々知っている人でも僕の心がちゃんとわかる人はたぶん僕が想像すると一人か二人くらいかもしれない。

    それにナナさんは僕のプライベートについて少し聞いてきて、あまり良くないと言ったら、じゃあ聞かない。と、そのまま全く何も聞いてこなかった。やれやれ。。本当にクールな人だな。

     

    そうそうあと、α7掘

    発表されたのはα7R靴世韻鼻

    すぐに出るであろうα7靴蓮▲ΕД妊ングにはかなり良いだろうと思っている。デュアルスロットが見送られるって話だったけどデュアルスロット採用されていたし、α9との違いが連写だけっていう感じなら、α7憩鸞罎能淑にウェディングフォトグラファーはできる性能だと思う。

    α7兇郎も使っているけれど、はっきり言って仕事で使える性能じゃない。

    AFの遅さ、シングルのメディアスロット、データ書き込み中のタイムラグ。

    よくこれで婚礼を撮っていたなと今思うと結構自分でびっくりする。そのくらいα9は素晴らしいカメラだ。

     

    うーん。。値段がかなり魅力的なのでα7靴房罎れるのだけど、たぶん9とは色が違うんじゃないかな。だとすると9二台がベストだろうなと思っている。二台で100万オーバーなのでさすがに躊躇する金額だ。とは言え仕事の道具だから妥協はしたくないんだな。頑張って稼ごう。

     

    少し昼寝をしてから仕事を再開するかな。撮影の依頼が今日もまた入ってきて、僕は好きな結婚式場で好きなスタッフ達と働けるわけです。ありがたい。

     

    そしてknotのことちゃんとやっていこう。本当はknotの仕事がやっぱり一番好きなので。knotで撮った夫婦のことは僕は本当に愛着を持ってしまっていて、写真をプリントして仕事する部屋に飾ってる。実は。

     

    支離滅裂というかオチのない話を並べ立てて申し訳ないけれども、写真家として生きていくということはきっとこうやってロングロングワインディングロードがずっと続いていくってことなんだと思う。

    | Log | 16:25 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする