CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 使い分けの話 | main | オイマヨ >>
I put a spell on you
0

     

    このところランニングを結構本格的に再開していて、できれば10キロを週3くらいで走れたらと思っている。

    だけどまだ体が戻っていないので、10キロ走るとヘロヘロになってしまってそのあと家で仕事が手につかなくなる。なかなか仕事とのバランスが難しいなと思っている。

     

    筋肉がついて肺活量があがるから、撮影の時にはかなり動けるようになる。これは本当に大切なことだ。ウェディングカメラマンは喫煙者が多いんだけど、みんなタバコをやめて運動した方がいい。とはいえ僕の性格上こういうことはあまり教えたくないんだけど。写真が上手ければいいフォトグラファーになれるっていうことは絶対にない。活躍してるプロは努力の方向性をきちんと把握してる。

     

    昨日走っていたときのこと、途中海の公園で少し休憩することが多いのだけど、海を眺めながら座ってたら空から何かがどさっと降ってきた、びっくりして近づいたらそれはひっくり返った鳩だった。

     

    そのあとを追いかけるようにカラスが何匹かやって来た。鳩は胸のあたりから血が出ていたのだけど、カラスがこんなダメージを与えられるのかな。もしかしたら鳶にやられたのかもしれない。とにかく僕は助けようかと思った。周りのカラスがずっとその鳩を狙っていたし、僕は鳩についていい印象があったからかもしれない。平和のシンボルだし。

     

    でも鳩はすぐにそのまま絶命してしまった。カラスは虎視眈々とカラスを食べようと狙っていたんだけど。こうなってしまって僕はどうすべきか、その場で少し考えた。結果、放置して立ち去ることにした。

     

    理由は単純で食べられることをかわいそうと思うことが単なる人間のエゴイズム意外なのなんでもないと思ったから。自分たちの生活の近くにいても一応弱肉強食は当たり前として行われていて、カラスが得た獲物を僕が奪う理由は特にないという考えに行き着いた。

     

    まあカラスは豊富に餌が生活圏にあふれていて別に野生動物を狩って食べる必要性は全くないと思うけれど。

     

    そうそう、先日の挙式披露宴の撮影で、新婦のお兄さんが写真にすごく興味を持っていたので僕のα9を持たせてあげた2470GMついてるやつ。感動していた。写真は最高の一つ趣味だと思うので、僕は彼の心に灯った火に油を注ぎたくなってしまったのだ。きっといいカメラを買って写真を楽しむんじゃないかなと思う。

     

    このニーナシモンのアルバムはなかなかお気に入りで、彼女のアルバムの中では一番ジャジーというか日本のブルースチックなサウンドが多くて、特に7曲目のfeeling goodは最高にクールだ。ニーナシモンに関しては昔思い出があって、とくにこのアルバムを聞くとちょっぴり心が震える。一曲目のI put spell on youのイントロを聞いただけでもう僕にとってはじんわりと胸に広がる。音楽と写真はこういう点で同じ要素を持ってる。

     

    明日は雨の予報なので、走ることはできない。家で一気に仕事を終わらせようと思う。

    | Log | 20:59 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする