CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< k | main | 先生 >>
RAGE
0

    昨日、スカイプで20代の女の子と話していてものすごい攻撃を受けた。

    実は僕は家で写真の現像をしている時に、見知らぬ人と話すことにしている。

    その方がRAW現像みたいな単純作業は捗るので

     

    スカイプの掲示板で話し相手を見つけるのだけど、本当にいろんな人がいる。

    ほとんど家での作業が平日なので、平日の昼間に話せる人といえば、主婦か、あるいは学生か、無職の人。

     

    僕自身、なかなかそういう人たちと話す機会はないのでなかなか彼らの生活や考え方というのも興味深いもので、特に生産性が見込めるような話をする人とは結構仲良くなれる。逆に、うつ病の人なんかは僕は話を聞いていられなくなってしまう。僕自身が精神的にすこぶる健康なので、感覚がわからないのだと思う。自由に生きているし、おそらく彼らを否定するようなことを言いかねないことが自分でわかるからそっと遠ざかるようにしている。

     

    それで、昨日話した20代の女の子の話なのだけど、彼女は学生で、今卒論を書いていて、四月から社会人になるということだった。

    僕の女性関係の話をしたら、彼女が突っかかってきた。

     

    僕が最近若い女の子と仲がいいという話をしたのだけど、それに対して嫌悪感を抱いているということだった。

    僕が若い女の子と仲がいいのはたまたまで、僕は年上の女性も年下の女性も別にこだわりなく人間性が合えば一緒に飲みに行くし、友達にもなるし、それ以上の関係になる時だって別に年齢は関係なのだけど、最近若い女の子と仲良くなる機会が多いのは間違いなく僕自身が結婚式場に出入りしているからだ。それ以上でも以下でもなく、結婚式場っていうのはスタッフの大半が女性で、ある程度年齢を重ねている女性は大半が結婚している。だから必然的にそうなってしまうってだけの話だ。

     

    彼女の感覚から言わせると、40近い男が、20代前半の女の子が好きなのが嫌で仕方ないということだった。

    要するに、経験が少ない右も左も分からない女の子は自分の支配下におけると思っている。

    ということを言われた。

     

    とんでもない。はっきり言って、年代というものは僕には全く壁ではない。ジェネレーションで分けることは全く僕は好きじゃない。

     

    女性に関していえば、50代でとても素敵で色っぽくて頭の良い人はとても素敵だし、20代で謙虚で誠実な女の子は尊敬できる。ようするに人間性でしかない。その人が素敵なら好きになる。男性だってもちろん同じだし。そういう見方しか僕はしてないと思う。

     

    だからその彼女の嫌悪感の源がよくわからなかったけど、そういう説明をして納得してもらった。要するに僕はおじさんではあるけれど抑圧して支配下に置くために若い女の子と仲良くなろうとしているわけじゃなく、その子が魅力的に思えたから話してみたいと自然に思ったんだと思うよ。というような話をしておいた。

     

    彼女の歳の頃、僕はどうだったかな。もう覚えていないけれど、もしかしたら自分にもそういう強い偏見みたいなものがあったのかもしれない。ということは、おそらくそれは経験不足からくるものかもしれない。経験したことがないのだからどうしたって勝手に妄想してしまうし、それが固定観念として根付いてしまうんだろう。

     

    お兄さんにはなんでも話してしまうという風に言ってくれて、自分のいろんなことを話してくれたけど、度々出てくる彼女のあの刺々しい言葉にはどこかしら懐かしさを感じていてああいう感じは僕にもあったなと思った。そうだった。僕にもなんだかわからないけれど許せない、ムカつくことは結構たくさんあったと思う。人に対して関心を強く持っていたのかな。

     

    たぶん彼女は頭のいい子だから自分でいろんなことに気がついて素敵な人になって行く気がする。

     

    彼女と話してみて僕には偏見がほとんどないことに気がついた。皮肉でそういうことを言うのは大好きだけど実際には他者に関しては大抵どうでもいいと思っているかもしれない。関心がないというわけではなくて、みんな自由であるべきだし、それを縛り付ける必要性はないと思うというようなことかな。

     

    こういう風になってしまったから彼女のその怒りの感情が、キラキラして見えてついついここにそのことを書き留めておきたくなったのです。

     

    では、おやすみなさい。

    | Log | 23:19 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする