CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 故障 | main | look into the past >>
病院
0

    病院へ行ってきた。

     

    かなり久々の病院だったのだけど、クリニックの整形外科は初めてだった。

    基本的に診察して湿布薬と痛み止めの飲み薬をもらっただけなので、内科と変わらない。ものすごく待つかと思ったけれど、半数の患者はリハビリの方へ行ったので意外と待ち時間は少なかった。

     

    レントゲンを撮ったのだけど、膝の形が悪いと言われた。うーん、医者にそう言われるとちょっぴりショックだな。ランニングのせいもあるだろうけれど長年スポーツをやっていたりするときっとその影響で骨やら関節やらの形は変わってしまうのかもしれない。それにいつまでも10代、20代の気持ちで体を酷使していると知らぬ間にダメージが蓄積していたりする。たぶん、食事や生活習慣も気を使っていかないと僕の場合は好きな仕事を続けていけなくなりそうな気がしている。

     

    そういう話をすると真面目だとかいう人がいるけれど、真面目も何も仕事やプライベートでベストパフォーマンスを目指したいだけだし、リスクを負いたくないだけだ。

     

    カメラマンはタバコのみやら不健康な生活がクールだという人が多いのだけど、カメラマンは別にアーティストじゃない。ロックスターが自分の表現のためにそういうものに浸かってしまうなら今の僕だってある程度クールに感じるけれども、いい年したカメラマンがそれを言っていても虚勢を張ってるようにしか見えなくて僕にはちょっとなんとも言えなくなる。否定はしないけれど、おおっぴらにいわないほうが良いかもしれない。

     

    レントゲン写真を見せられて先生に言われたのは、膝のお皿が通常よりずれてる。

    それと、膝の外側の骨と骨の間が狭い。あと骨が尖ってる。

    たしかにそれを言われてみてみるとそんな感じがした。

    レントゲン写真ってなかなか面白い。

     

    僕の仕事はとにかく立ったりしゃがんだりが多い。その影響でランナー膝になってる僕の膝にさらに悪影響を及ぼしているんじゃないかなと思う。とにかく仕事以外は安静にして撮影が本格的に増える春前までにはできるだけ治しておきたいところだな。

     

    僕は自分を過信しすぎてしまうところがあるし、だからこそ無理をしがちで、あとで壊れてから後悔することが多い。体も心も同様に昔から。自分がどれだけやれるかみてみたいという好奇心にかられてしまうんですね。

     

    ここ数日は最近見つけた the avalanchesといういろんな曲をサンプリングしているグループのアルバムを聴いてる。

    70年代のソウルミュージックをサンプリングしてるこの曲がとても気に入ったのだけど、アルバム通してどれもとても面白い。

     

     

    そうそうソニーからそろそろα7靴糧表があるような情報が流れてたけど、やっぱり9を使ってしまっているので戻ることはできないかな。それよりも新しいフラッシュの方が気になる。GN60の無線シンクロのクリップオンじゃないかな。ずっと早く出して欲しいと言ってきたけど望んてる人も多いはず。

     

    レンズも大きくて重いから小型化する必要はないのだけど、(多分小型化するとオーバーヒートしやすくなりそうな気がする。)

    オーバーヒート、オーバーヒートってアマチュアの方がよく言うけれど、TTLで使ってるか、もしくは露出の問題でフラッシュの光量を大きくしすぎてるんじゃないかと思う。GN60で1/2なんかで使うことはほとんどない。婚礼のスナップでマニュアルで使う分には現行品のGN60のものだって連写で切ったって全く問題なかった。というか非常に使いやすかった。

     

    ただ本年これからお世話になるクライアントはあまりフラッシュを多用することを望まない感じなのでそれほど重要ではないかなとも思うのだけど。どちらにせよ、いずれ今使っている3台は新型が出た場合GN60の無線シンクロのものに買い換えないといけない。

     

    もうパーマセルテープを毎回フラッシュのロック部分に貼りたくない。何度か落下させてるので保険として貼ってるけれど。

     

    それから、この間の撮影で急にフラッシュが発行しなくなって焦った。

    両肩にカメラを提げて撮影しているので、いつの間にかカスタムボタンを押しシャッター機構をオートから電子シャッターに変えていたらしく、それを探るのにちょっと時間がかかった。電子シャッターにするとフラッシュは発行しない。勉強になったけど、とりあえずその触ってしまったカスタムボタンには何も設定しないように設定をしておいた。使わないカスタムボタンは設定を消す。不安要因は即潰す。

    | Log | 23:01 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする