CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 障子貼りと映画の話。 | main | ちょっと残念だった話。 >>
α7携売前日ということで。
0

    α7掘△Δ舛睫斉ソニーストアから送られるものが到着する予定です。

    あと修理に出していたα9も戻ってくるので明後日の撮影から早速使えるのと、クライアントの事務所で見せびらかせるわけです。まあ見せびらかすといっても見た目がα7兇箸曚箸鵑品僂錣蕕覆い里如△泙△修鵑覆某形味がないとは思うのだけど。

     

    もちろんバッテリーグリップと一緒に注文しておきました。

    ウェディングでは1日撮影ではバッテリー容量的に新しくなってパワーアップしたとしても2本は必須だし、そもそも縦位置で撮影するときに絶対必要になってきます。

     

    α9の修理の代替機としてバッテリーグリップがないということで、先週末二本の挙式披露宴をグリップなしで撮ったのだけど、小指がかからないというだけでまあ疲れるのです。僕は右目があまり見えないので普段仕事の時も左目でファインダーを覗いているのだけど。

     

    基本的にグリップを付けないときは右のグリップ側を下にします。

    僕は現在右目があまり見えないから、普段左目でファインダーを覗くのだけど、右目で覗いていた時は、縦位置にする時右側を上にしていた。そうしないと非常にやりにくいから。でも左目で覗くようになってから、逆の方がやりやすくなったことに気がついて、右を下げることにしたのです。位置の問題があって、まあ実際にやってもらうとわかると思うけれど。カメラが手の上に乗るから安定する、脇を絞れるという利点がある。シャッターボタンを押す方の手にカメラを乗せるのでブレやすくなると思うかもしれないけれど、そこは慣れの問題で、基本的に動かすのは指先のみだから、体の軸や動きがブレなきゃ大丈夫。

     

    右を上げて脇が上がるとブレが、とはいえば5段分も手ぶれ補正が入ってるのでシャッタースピードを落とさなきゃそうそうブレないんだけど。やっぱりなんか嫌なんですよね。なのでカメラの右側を下げるようにしてるんだけど、それでもやっぱりやりにくい。これが仕事ではなく作品を撮ってる時なんかだったらそんなに気にならないのだけど、そもそも縦位置をほとんど使わないんだけど、ウェディングでは、縦、横、寄り、引き、これを全て撮るのが基本、しかも水平があってないといけない。そして、この動作をできる限り素早くできないといけないのだけどいつものグリップがないだけでものすごくストレスを感じたのです。

     

    例えば、挙式の撮影で言えば、指輪交換の時、ベールダウン、ベールアップ、キスシーン、もし少しでも時間が長いと感じたらすぐに位置を変え、寄り、引き、行けると思ったときはしゃがんで前ボケを入れることもある。(キスシーンで綺麗に前ボケを入れられたときはかなり嬉しいですね)これを数秒間のうちに行うわけです。もちろんピントを外すことは絶対に許されない。確実に撮影した後でという話なんだけど。

    それが撮れるとお客様に渡せるアルバムがよりドラマチックになるわけです。僕に撮っては体の延長くらいの感覚でカメラがないといけない。α9は現在そういう感覚で使っていて、僕の動きに完全についてきてくれるのです。本当に素晴らしいカメラです。で、そこには絶対バッテリーグリップがないといけない。

     

    ウェディングフォトグラファーは機敏な動きができないとダメです。皆僕の尊敬する先輩たちは忍者みたいな動きですよ。もしかしたら僕もそうなのかもしれない。

     

    とりあえず明後日からは、現状況での最強布陣で撮影に挑めるわけで、それに関してはものすごくエキサイティングな気持ちです。

     

    α7兇鮖纏で使っていて圧倒的に不満だった点が、レスポンスの遅さ。あとはAFの正確さ、スピード。そしてバッテリー容量。もうパフォーマンスが悪すぎる。7靴砲覆辰討海海虔佞倭瓦問題なくなった。はずです。

     

    手ぶれ補正なんかは別に気にしない。というか僕は10代からスナップを撮っているのでブレは作品に欲しいときにわざと使うくらいで、それ以外ではブレない自信があります。特にいらない。なので予備機はα7で良い。もともと僕はこれで仕事してて、最低限のバッテリーやチャージャーだけ残して、α7兇簑燭のアクセサリーは売ってしまう予定です。

     

    これからしばらくメイン機はα9だろうけれど、いざとなれば挙式当日の撮影でメイン機として撮れるカメラをもう一台携えているということに対する安心感、これが20万円はものすごく安い。信じられないくらいに。

     

    僕にとってカメラはただの仕事道具なので、仕事に必要以上のスペックなんてまったくもってどうでもいいことです。レンズも然り。

    とは言え、度々書いているけれど、クライアントやお客様に見ていただく部分でもある。だから良いものをできる限り使うことは安心感や信頼感を持ってもらえる。とても大切なことです。

     

    こんなに注目されるずっと前から僕の仕事を支えてくれるαに対して愛着は人一倍あるし、多くの人にαが認知されて見直されている今の状況を大変嬉しく思うのです。たぶんずっとウェディングでαを使い続けて来たのは僕くらいで、今だに珍しがられるのだけど、今後はαを使うウェディングフォトグラファーは間違いなく増えてくると思う。同業の仲間たちと機材について共通の話ができるようになるというのも嬉しいですね。ずっと孤独な感じはしてました。まあクリエイターなんて基本的には孤独なんだけど。

     

    今年は仕事がより多方面に広がる予感がしていて、だからこそこの先困難な撮影もきっとあるはずです。そのときに傍に強力な相棒が増えてくれるというのはものすごい安心感。α7兇紡个靴討郎まで僕のメイン機として活躍してくれた時期も長かったので感謝の気持ちでいっぱいです。あのカメラがなければ今こんなに僕は仕事をもらえてなかったと思う。

     

    あとアマチュアの方には、α7兇發勧めできます。本当にいいカメラ。もう7靴出ちゃうと仕事では使えないレベルになってしまうけれど、撮影ジャンルにもよるけれど趣味で使うには十分な性能だと思う。今値段がかなり下がってきているので初めてαシリーズを使いたいと思ってる人には買い時かもしれない。中古なんて10万もしないんじゃないかな。

     

    またα7靴鮖纏で使ったら使用感など書いていきたいと思います。

     

    そうそうUHS-兇SDカードを買おうかどうか迷ってる。ちょっと検討しよう。

    僕はRAWとJPEGを仕事上振り分けて撮影してるのだけどRAW側にUHS-兇鮖箸辰燭蕕茲蟷1討離譽好櫂鵐垢上がるだろうと思う。4枚くらい64GBがあれば良いかなと思ってる。

    | Log | 22:33 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする