CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< α7携売前日ということで。 | main | α7鵑了藩儡 >>
ちょっと残念だった話。
0

    最近仕事や機材の話ばっかりしてる気がするけれども。。

     

    また仕事の話です。

    今年になってクライアントをわりと積極的に増やしたのだけど、最近一件また契約しようと応募してみたのだけど、今日返事が来て、写真はとても素敵だけど、同業他社で、料金や報酬のバランスがとれないからと話が流れてしまった。別に僕自身は全然構わなくて、仕事に困っているわけでも現状無いのだけど、空いた時間にポンとできそうな感じだったのでやろうかなと思って連絡してみたのです。

     

    同業他社だから、ということを理由にするとこの業界。ほぼ全ての人が同業他社ということになる。僕は屋号を持ってやっているからこうやって特別視されることもあるけれど、僕のクライアントも同じ道を通り、そこもこれから同じ道を通るわけです。だから、僕がそこで撮影をすれば色々な情報も入ってくかもしれないし、プラスになることが多いはず。実際僕はそうやって色々なものを学ばせてもらって来たのだけど、そうやって鼻息荒く、同じことをしているからNOです!と突きつける会社とそうじゃ無い会社がある。

     

    さてどちらが業績が伸びるのでしょう。

    僕が一番お世話になっているクライアントはオリジナリティと莫大な資金で広大なロケーションと施設を作っていてほとんどの部署を内省化している。そこには独創性があって、そこに惹かれてお客さんはやってくる。要するに莫大な投資をしてるわけです。そして社員教育も素晴らしい。お客さんはみんな結婚式をやって本当に良かったと言って帰ってゆく。

    そういうところは別として、そうじゃ無いところがこれから参入するというときに、そのようなことを言って優秀なフォトグラファーを(別に自分のことを言っているわけでは無いですよ)逃すというのは大きな損かなと思うのですよね。金額やスケジュールも素直に相談すべきことです。まあ僕ならそうするかな。

     

    我々ウェディングフォトの業界は助け合ってやっているところが大きいと思うので、まあ残念だなと思ったわけです。

     

    もう明日から撮影なので仕事の話はやめよう。

    昨日タバコを買いに横須賀へ行ったのだけど、そのついでに月印へ寄ってきた。チャイを一杯だけ飲んで帰ってきたのだけど雪の後の晴天ということで人が結構きてて中の人達とはゆっくり話せなかった。

     

    一人常連らしきお客さんで割と年配の女性が来ていて、お金を払って帰って行った数分後に私の財布見なかった?と、戻ってきた。

     

    もちろん誰もみてない。お金を払っているのは声を聞いていてわかったけれど、僕はぼーっとタバコをふかしながらツイッターを眺めてたので払っているところは見ていないけれど。もしかしたら外で落としたのかしらと、ずいぶん慌てた様子でまた探してくると出て行った。

     

    少し経ってからまた彼女は戻ってきて、警察に行こうかしら。と行ってまたカバンの中を店内で確認しながら出したりしていた。そしてまた出て行った。その後テーブルには、彼女のスマホが置きっ放しになっていて、申し訳ないけれど僕を含めた常連客全員が笑ってしまった。

     

    彼女は結構あわてんぼうな方らしくて、2回ほど財布を月印に来たときになくしたと言ってたみたい。そのうちの一回は月印に忘れていったらしい。

     

    α7鵑亡悗靴討鰐斉仕事で使ってから、また後日レビューじゃ無いけれど使い勝手など書こうかなと思う。なんだかスケジュールがずいぶん立て込んできた。現在Knotで撮影を申し込んでくれている新郎新婦は全員僕のことを瞳ちゃんと呼んでくれて、今日式場とのやりとりの連絡で初めて新婦がそう呼んでくれて、なんというか妹が結婚するような気持ちになったわけです。僕の仕事において名前っていうのは本当に大切。

     

    さてもう今日やることは全て終わらせたので、ビールを開けますyo!

    映画一本見ようかな。

    | Log | 20:32 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする