CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ブレ | main | 5月とフラッシュの話 >>
アシスタントとフォトグラファー
0

    最近ずっと頭の中がグルグルしている。

    考え事をしているときは、だいたいグルグルしていて、グルグルした後に結論を導き出すことも時々あるので、グルグルしていることはそうそう悪いことじゃない。ほとんど仕事のことだ。

     

    恋をしているときはもっとグルグルしていて、これにおいてはほとんどの場合その場で結論を導き出すことはだいたいできないから、非常に厄介だ。昔から僕はこっちのグルグルには弱い。まあこんな余談はどうでも良いのだけど。。

     

    実はアシスタントができました。正式に。

    Knotで今後働いていただく方です。

     

    彼のことを少し話すと、彼はカメラマン未経験、現在全く別の業種で働いている方だ。

    僕としては未経験であることは、逆にこの業界に迎え入れるのにはいいのではないかと思ってるんですよね。中途半端な人はダメな奴が多いから。社会人経験が長いというのもすごく良い。まあ別に経歴なんて関係ないから高校を中退している僕がこの業界で生きていけているわけですが、そういうことを関係なしに、自尊心の無駄に高い中途半端な商業カメラマンが本当に多いことこの上ない。うちで雇いたいと思う人は本当に少ない。

     

    僕としては、今仕事が順調なKnotにおいて今後間違いなく広がっている仕事の幅を考えると正直手が回らないということはずっと予想がついていたことで、遅かれ早かれ見つけなきゃいけないとは思っていた。現段階では、正直なところいなくても仕事は僕一人でもこなせる程度だ。だけど今の感じだと間違いなく伸びるので。

     

    僕の率直な意見を書いておくと、僕の周りのカメラマンも含めてみんな営業がものすごく下手だ。僕はそれとは逆に営業で生きてる。人付き合いが自分で言うのもなんだけどものすごくうまいと思う。じゃなきゃ直接契約を結んでくれるところなんてないだろうと思う。もちろん写真に関しては自分ではできることを最大限やって来たつもりだ。でも撮れるだけではただのフォトグラファーで終わってしまう。

     

    なぜ周りのカメラマンが営業が下手かというと、冒頭書いた自尊心が無駄に高いというのが圧倒的に多い。特にウェディングにはそういう人は向いていないと思う。

     

    自尊心が高い人は、自分にブレーキをかけてしまうんですよ。自分の失態を晒したくないからだと思うのだけど、失態を晒すことを恐れてると仕事を逃すのです。僕だってカメラマンからそんなところが垣間見えたらまず仕事を振らない。プロの商業カメラマンにそんなものはいらないし、そんなものを振りかざしている人はプロとは言い難い。

     

    僕が自尊心を捨てたのは、この仕事に入ってからだと思う。だから貪欲に仕事ができた。盗めるものは全て盗んできてやると思っていたし、実際にそうしてきた。

     

    それまで写真家としてやっていた頃は天才だと自分で言っていたくらいだから、本当に生意気だったと思う。けれどもそのくらいの気概が必要だったんじゃないかな。写真家として行きていくと心に決めていたのだから、生半可な気持ちでやっていては自分の写真を見てくれる人なんていないだろうと思っていた。その考え方はその道ではあながち間違っていなかったと今でも思ってる。

     

    自分自身が全く違う方向へ向かっている今、そんな邪魔な荷物を携えるわけにはいかないというわけだ。

    僕はお客さんと直接打ち合わせをして、撮影をして、アルバムを作って、クライアントと打ち合わせをして、新しい商品を開発して、さらに今後は違うジャンルへ手を出そうと思っている。そんなものを見せられて気持ちいい人なんて周りに誰もいない。僕だってそうだ。

     

    アシスタントの彼が、この先の仕事のパートナーになってくれるかどうかは正直まだ全然わからないけれど、(おそらく彼もわからないと思っているかもしれないけれど。)大切なのはこの仕事にひとまず食らいつくこと。そしてこの仕事の魅力を理解すること。この二つじゃないかと思う。仕事においては。魅力を理解するにはある程度食いつかないといけないし、魅力を理解してしまえば好きになるだろうと思う。

     

    環境はとても大切だ。僕はそれを整えなくちゃいけない。

    うちで働く人たちの環境を整え、雇い主として彼らを守らないといけなくなる。僕一人で気楽にやっていければいいやという時期が終わろうとしている。うーん、すごいプレッシャーだ。。でもいいプレッシャーなのかもしれない。

     

    先日月印で言われた言葉だけれど、「仕事のパートナーを探すなんてそんな簡単なことじゃない。結婚と同じようなものだろ」とふじおさんが言ってた。まさにその通りだと思う。そういう気持ちで、もしknotにフォトグラファーが入って来てくれたなら、Knotは成長することになると思う。Knotにとって魅力的なフォトグラファーほどの宝はない。

     

    多くのフリーランスカメラマンがどれだけ軽い気持ちで仕事をしているかということも最近よく見えてる。そういう人たちは僕は相手にしない。向上心がない人間と付き合うと僕はイライラしてしまうところがあってよろしくない。はっきり言って全てが無駄。

     

    あと甘い汁を吸おうと思って擦り寄ってくる人たちもいるけれど、それは構わない。だけど自分の魅力をきちんとアピールして来てほしい。そうじゃなきゃ採用する理由がないので。友人だからなんて理由で採用はしない。という考えは今後一貫して生きたい。僕がここまでくるのに甘い汁を吸おうと思って仕事をしてきたことはない。自分がどれだけできるようになったかで対価をもらう。そうやって仕事の単価を上げてきたつもりだから、余計にそうなのだと思うけど。そういうことをはっきり言っていくつもりだ。

     

    それに僕は雇う人に対して搾取をするつもりはない。単価を上げられるのであればそれをきちんと分配したい。そうして彼らがやる気を出してくれたり、より魅力的なフォトグラファーになってくれるのであればそれにはものすごい価値がある。

     

    こういう考え方がウェディングを含めフォトグラファーの現在の状況を改善する鍵になるんじゃないかなと思ってる。もちろん向上心や勉強をしていく各々の気持ちが大前提だけど、そういう人はきちんと対価をもらえるような環境にするのが、大切だし、それが結果的に何よりお客さんの幸せに繋がると思うのですよね。

     

    とにかく今年、Knotは正念場を迎えているのは間違いないと思う。

     

    今後、ウェディング以外の仕事をすることになるかもしれない。何をするにしても好きでいられることは一番大切だ。それがKnotの原動力であるということをずっと今後の目標にして行きたいなと今は強く思っている。

     

    一通り駄文を書いたらグルグルが収まりそうなので、風呂に入って寝る。

     

    雨の音が心地よいいい夜だ。

     

     

    | Log | 00:07 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする