CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
アシスタントとフォトグラファー
0

    最近ずっと頭の中がグルグルしている。

    考え事をしているときは、だいたいグルグルしていて、グルグルした後に結論を導き出すことも時々あるので、グルグルしていることはそうそう悪いことじゃない。ほとんど仕事のことだ。

     

    恋をしているときはもっとグルグルしていて、これにおいてはほとんどの場合その場で結論を導き出すことはだいたいできないから、非常に厄介だ。昔から僕はこっちのグルグルには弱い。まあこんな余談はどうでも良いのだけど。。

     

    実はアシスタントができました。正式に。

    Knotで今後働いていただく方です。

     

    彼のことを少し話すと、彼はカメラマン未経験、現在全く別の業種で働いている方だ。

    僕としては未経験であることは、逆にこの業界に迎え入れるのにはいいのではないかと思ってるんですよね。中途半端な人はダメな奴が多いから。社会人経験が長いというのもすごく良い。まあ別に経歴なんて関係ないから高校を中退している僕がこの業界で生きていけているわけですが、そういうことを関係なしに、自尊心の無駄に高い中途半端な商業カメラマンが本当に多いことこの上ない。うちで雇いたいと思う人は本当に少ない。

     

    僕としては、今仕事が順調なKnotにおいて今後間違いなく広がっている仕事の幅を考えると正直手が回らないということはずっと予想がついていたことで、遅かれ早かれ見つけなきゃいけないとは思っていた。現段階では、正直なところいなくても仕事は僕一人でもこなせる程度だ。だけど今の感じだと間違いなく伸びるので。

     

    僕の率直な意見を書いておくと、僕の周りのカメラマンも含めてみんな営業がものすごく下手だ。僕はそれとは逆に営業で生きてる。人付き合いが自分で言うのもなんだけどものすごくうまいと思う。じゃなきゃ直接契約を結んでくれるところなんてないだろうと思う。もちろん写真に関しては自分ではできることを最大限やって来たつもりだ。でも撮れるだけではただのフォトグラファーで終わってしまう。

     

    なぜ周りのカメラマンが営業が下手かというと、冒頭書いた自尊心が無駄に高いというのが圧倒的に多い。特にウェディングにはそういう人は向いていないと思う。

     

    自尊心が高い人は、自分にブレーキをかけてしまうんですよ。自分の失態を晒したくないからだと思うのだけど、失態を晒すことを恐れてると仕事を逃すのです。僕だってカメラマンからそんなところが垣間見えたらまず仕事を振らない。プロの商業カメラマンにそんなものはいらないし、そんなものを振りかざしている人はプロとは言い難い。

     

    僕が自尊心を捨てたのは、この仕事に入ってからだと思う。だから貪欲に仕事ができた。盗めるものは全て盗んできてやると思っていたし、実際にそうしてきた。

     

    それまで写真家としてやっていた頃は天才だと自分で言っていたくらいだから、本当に生意気だったと思う。けれどもそのくらいの気概が必要だったんじゃないかな。写真家として行きていくと心に決めていたのだから、生半可な気持ちでやっていては自分の写真を見てくれる人なんていないだろうと思っていた。その考え方はその道ではあながち間違っていなかったと今でも思ってる。

     

    自分自身が全く違う方向へ向かっている今、そんな邪魔な荷物を携えるわけにはいかないというわけだ。

    僕はお客さんと直接打ち合わせをして、撮影をして、アルバムを作って、クライアントと打ち合わせをして、新しい商品を開発して、さらに今後は違うジャンルへ手を出そうと思っている。そんなものを見せられて気持ちいい人なんて周りに誰もいない。僕だってそうだ。

     

    アシスタントの彼が、この先の仕事のパートナーになってくれるかどうかは正直まだ全然わからないけれど、(おそらく彼もわからないと思っているかもしれないけれど。)大切なのはこの仕事にひとまず食らいつくこと。そしてこの仕事の魅力を理解すること。この二つじゃないかと思う。仕事においては。魅力を理解するにはある程度食いつかないといけないし、魅力を理解してしまえば好きになるだろうと思う。

     

    環境はとても大切だ。僕はそれを整えなくちゃいけない。

    うちで働く人たちの環境を整え、雇い主として彼らを守らないといけなくなる。僕一人で気楽にやっていければいいやという時期が終わろうとしている。うーん、すごいプレッシャーだ。。でもいいプレッシャーなのかもしれない。

     

    先日月印で言われた言葉だけれど、「仕事のパートナーを探すなんてそんな簡単なことじゃない。結婚と同じようなものだろ」とふじおさんが言ってた。まさにその通りだと思う。そういう気持ちで、もしknotにフォトグラファーが入って来てくれたなら、Knotは成長することになると思う。Knotにとって魅力的なフォトグラファーほどの宝はない。

     

    多くのフリーランスカメラマンがどれだけ軽い気持ちで仕事をしているかということも最近よく見えてる。そういう人たちは僕は相手にしない。向上心がない人間と付き合うと僕はイライラしてしまうところがあってよろしくない。はっきり言って全てが無駄。

     

    あと甘い汁を吸おうと思って擦り寄ってくる人たちもいるけれど、それは構わない。だけど自分の魅力をきちんとアピールして来てほしい。そうじゃなきゃ採用する理由がないので。友人だからなんて理由で採用はしない。という考えは今後一貫して生きたい。僕がここまでくるのに甘い汁を吸おうと思って仕事をしてきたことはない。自分がどれだけできるようになったかで対価をもらう。そうやって仕事の単価を上げてきたつもりだから、余計にそうなのだと思うけど。そういうことをはっきり言っていくつもりだ。

     

    それに僕は雇う人に対して搾取をするつもりはない。単価を上げられるのであればそれをきちんと分配したい。そうして彼らがやる気を出してくれたり、より魅力的なフォトグラファーになってくれるのであればそれにはものすごい価値がある。

     

    こういう考え方がウェディングを含めフォトグラファーの現在の状況を改善する鍵になるんじゃないかなと思ってる。もちろん向上心や勉強をしていく各々の気持ちが大前提だけど、そういう人はきちんと対価をもらえるような環境にするのが、大切だし、それが結果的に何よりお客さんの幸せに繋がると思うのですよね。

     

    とにかく今年、Knotは正念場を迎えているのは間違いないと思う。

     

    今後、ウェディング以外の仕事をすることになるかもしれない。何をするにしても好きでいられることは一番大切だ。それがKnotの原動力であるということをずっと今後の目標にして行きたいなと今は強く思っている。

     

    一通り駄文を書いたらグルグルが収まりそうなので、風呂に入って寝る。

     

    雨の音が心地よいいい夜だ。

     

     

    | Log | 00:07 | comments(0) | - | pookmark |
    ブレ
    0

      よくブレないと言われる。

      僕はブレないわけではなくて、簡単に言うと人より少しだけ頑固なところがある。

      一度やるといったことをやり遂げないと気が済まない。

      だから声に出す。出したらやり遂げることを知っているから。

      それを一貫してやっているだけだからブレないという風に見えるだけなんだと思う。

       

      写真を続けてきたのも、頑固なところが人より強いからなんじゃないかと思う。

      自分でも何年か前まではここまで商業カメラマンをやるようになるとは思っていなかった。

      写真に関してはやめようと思ったことは何度かある。

       

      結果を出すまで食らいついてでもやりつづける。

      なんて言う根性論みたいなものも本当は好きじゃないのだけど。

      なんで続けられたかと言うと、好きだからだ。

       

      我慢して好きじゃない仕事をやり続けている人は山ほどいるだろうし、好きな仕事をできている人の方が少ないと思う。むしろ何が好きな仕事なのかわからないという人もたくさんいると思う。

       

      好きなことを仕事にすることの強みは、苦労だと言われることが苦しく感じないことだ。

      だから僕はこの仕事において強い気持ちでいられる。

       

      これは自分のことだけじゃなくて、この仕事を続けていけるのは周りの人たちのおかげだ。一人じゃとても今までやってこれなかった。周りの人たちは、もちろんビジネスの関係なのだから自分のメリットも考えているはずなのだけど、僕のことを全力で支えてくれた。何度かこの仕事でもピンチの場面があったけれどもその時に彼らに支えてもらって切り抜けられたことは絶対に忘れない。僕はその恩返しがしたくて全力で撮ってきたつもりだ。そういう信頼関係というのは非常に強い。そう簡単に切れない絆が生まれる。

       

      僕も仕事で関わる人たちをこれからも全力で支えたいと思う。別に美談を書こうと思っているわけではなく、そうすることで自分にもメリットがあるからだ。仕事においては見返りを求めるのは当然のことで、knotの仕事をしてくれるカメラマンや、クライアントもそうだけど、そういうことができる人間性を感じるかというところで付き合っていくかどうかを判断するようになった。最近は特に。

       

      今年僕が心に決めているのは無理をしないということ。

      無理をして嫌な仕事をしない。

      無理をして嫌な人間と付き合わない。

      苦しいことに立ち向かうことは今まで同様に、しないことに決めた。

      だから僕は結構簡単に逃げます。

       

      そうしないと続けていくことができないから。

      続けることが力になるということがわかっているから、楽に進める道を自分で作ってしまうんだ。

       

      これから間違いなく今まで以上に多くの人と仕事で関わっていくことになるけれど、この考えだけはおそらくブレないと思う。

      全ての人に好かれようとしなくていいや。なんなら嫌ってくれて構わない。

      こう考えるとすごく気持ちが楽になる。

      自分が好きな人たちと好きな仕事をすることが僕にとっては一番幸せなことだっていうことが、僕の着地点になった。

      | Log | 00:28 | comments(0) | - | pookmark |
      衣装提供開始とアルバム商品が増えます
      0

        先週、先々週と5月挙式のお客様の会場下見に行って来ました。

        素敵なプランナーさんにご案内していただきました。

         

        昨日は7月の鎌倉でのデラックスプランのお問い合わせをいただいていて打ち合わせに行ってきました。

        その場で契約してくださいました。

        お二人とも美容関係のお仕事をなさっていておしゃれで、当日非常に楽しみになりました。

        チャペルも披露宴会場もオーシャンビューで、素敵な結婚式になると思います。

        今からワクワクしています。

         

        Knotから、いくつかニュースがあります。

        まずKnotは、今後横浜元町のThe Room for Bridesと業務提携をすることになりました。

         

        それに伴いKnotでもウェディングの衣装のレンタルを開始します。

        今後前撮り、挙式当日でもご利用いただけるようになります。

        詳細はまた後日ウェブサイトへアップさせていただきます。

         

        Knotで取り扱うアルバム商品が増えることになりました。

        これからアルバム商品のデザインとサンプルの製作に取り掛かります。

        お客様の好みに合わせデザインも徐々に増やしていきたいと考えております。

        完成次第ウェブサイトやインスタグラムへアップいたします。

         

        今後Knotでは様々な商品展開を行なっていきますので、是非ともご期待くださいませ。

         

        今後ともKnotをよろしくお願いいたします。

         

        | Log | 18:55 | comments(0) | - | pookmark |
        膝のこと。
        0

          1月は毎年そうなのだけど、一番結婚式が少ない月なのです。

          特に今年はクライアントが変わったこともあって1月の撮影が激減した。

           

          そういう感じだった1月だったので、非常に時間が余ってその間だいたい時間があればランニングをしていた。

          僕はずっとここ10年間くらいファンランナーだった。20代の後半には走りすぎて体脂肪率が8%まで落ちたこともあった。自分の限界を見たくなってしまうたちで、そういう意味ではストイックなのかもしれない。どういうことにおいてもそういうところがあるのは知っているのだけど、今回はブランクがあったにも関わらず走りすぎた。

           

          膝に2月の頭に痛みを感じるになった。

          だいたい走りすぎたりするとなったりしていたので、今回もそうかと思って少し休めば大丈夫だと思ってしばらく放っておいたのだけど全く治りそうにない。地元の町医者の整形外科を受診して、痛み止めの薬と湿布薬を処方されてそれで痛みは少し治るのだけど、撮影に入ると次の日に痛むということを繰り返していた。

           

          僕が危機に感じたのは仕事に対する影響。動けなくなったら仕事ができなくなってしまうのが一番怖い。

          2月から撮影も増えてきて危機感が僕の中で結構大きくなってきて、

          これは大きい病院でちゃんと見てもらったほうがいいと思って、紹介状を書いてもらい昨日MRIを撮ってもらった。

          そして今日診断結果を聞きに言ったのだけど、異常がない。ということだった。

           

          僕は10代の時にスポーツをやっていたこともあったと思うのだけど、半月板損傷で両膝共に半月板を取ってしまっている。先生が言うにはその影響だろうと言ってた。

           

          最悪手術かと思っていたのだど。

          ひとまずヒアルロン酸を注射してもらった。少しマシかなという感じ。

          この歳になっても注射は苦手なんですよね。。恥ずかしいけど。

          先生にどうですか?と聞かれてつい

          「大丈夫です」と答えてしまった。そんなことは聞いてないんですよね。笑

          痛み止めも入ってるんですけど。。と言われて、慌てて痛み消えてます。と答えた情けないカメラマンです。

           

          今後は保存療法とのことだった。薬とヒアルロン酸注射で対処しつつ回復させるということです。

           

          僕はだいたい調子に乗って結構ムチャをしてしまうので、今回のことで結構反省した。

          ただレントゲン写真とMRIを見てもらって骨や関節自体には他に異常がないと言うところは本当に安心した。

           

          ウェディングフォトグラファーはスポーツ選手みたいなところがあるので、身体大事にしていこうと心に誓ったのです。

           

          ランニングは好きなのだけど、再開できる日は来るのかな。。

          | Log | 21:06 | comments(0) | - | pookmark |
          スーパークラシックストラップ
          0

            使用頻度がアマチュアの方と比べものにならないのでストラップが早くダメになってしまうのと、ソニーのプロサポから配布されてるプロストラップが使いづらいと感じていたので、新しく買い換えた。僕は別にソニー信者ではないので、サードパーティで良いものがあるのであれば積極的に使っていきたいと思ってる。

             

            アメリカ製のオプテックというメーカーのもので、ここのストラップはネオプレーンというウェットスーツに使われてるゴムを使ってカメラバッグを作っていて大きさや、デザインやコネクタ部分の形状などで種類が豊富なようで、色々と調べていたら非常に良さそうなのを見つけた。

             

            スーパークラシックストラップ。

             

            黒一色のとてもシンプルなストラップ。買ったのはカメラとつなげる部分が3/8ウェイビングという名前の普通のひも状になってるタイプ。いわゆる純正と同じタイプのもの。ジョイントコネクタ部分に不安はあったのだけど、非常に硬くてむしろ外すのが大変なくらい。これは安心。婚礼の仕事で使ってる分には全く心配ないな。

             

            裏には前面に滑り止めが入っていて、安心感がとてもある。小さなロゴがつけられてる。

            このくらい主張がないのが良い。

             

            1日結婚式を撮っていると、だいたい6時間程度、その間ずっとカメラを両肩から下げているわけで

            ウェディングフォトグラファーにとっては、たかがストラップされどストラップではあると思う。

             

            このストラップのいいところはネオプレーン素材というところ、幅がある程度広くて厚い柔らかいゴムは重量を分散させてくれるから1日撮影した際の疲労感は全く違ってくると思う。

             

            カメラマンによってはブラックラピッドなどの速写ストラップを使っていたりするし、プロストラップの人もいるし。

            ちなみに速写ストラップはあまりかっこよくないので、要するにダサいと式場のスタッフから言われちゃったので使わないことにした。楽だと言っても、楽なだけじゃダメ。どのようにみられるかということを意識することはカメラマンには大切だと思う。ましてやウェディングに限って言えばホスピタリティは様々なジャンルにおいてもトップクラスになるから。

             

            長年カメラマンをやっていると、自分から色がどんどんなくなっていく。

            撮影する側に色は必要ない。という風にカメラマンを始めた頃から思っていたからなのだけど、年相応に落ち着いていたいと思う。

            ファッションは大切です。

             

            ただ仕事中にSONYのストラップでSONYユーザーを主張する必要性は全くもってない。

            そう最近思い始めたわけです。

             

            プロサポに入っているといっても、スポンサーでもないのだし。

            プロサポ行った時にこのストラップをつけてるときっと、どうしたんですか?!と効いてくる。サードパーティーのボディキャップでさえ聞かれたから。値段、質、用途、そこだけです。仕事が楽にこなせる道具であればなんでも良いのです。

             

            このオプテック 社にOEMで作らせたりするのも良いのではないかと思う。ニコンは作っていてコネクターも同じなので付け替えもできる。プロ用の機材を作っているのだから周りの小物にもそろそろ力を入れて欲しいなと思う今日この頃です。ソニーで良いものができたらもちろん使いたい。

            | Log | 12:06 | comments(0) | - | pookmark |
            | 1/234PAGES | >>