CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
先生
0

    先日、小学校時代の恩師と近所の居酒屋で二人きりで飲んできた。

     

    昨年末に行われた小学校の同窓会で再会して個人的に連絡先を聞いていたのです。二人きりで飲みに行きたくて。

     

    僕が子供の頃、この世界で唯一大人で尊敬していた人で、今も尊敬している人です。たぶん世界で一番尊敬している。

     

    なんで彼のことを尊敬しているかというと、僕が思春期の多感な時期に彼なりのやり方ではあったけれど、全力でぶつかって来てくれたから。それが当時の僕の心に響き渡って僕はその時に色々な感覚が一気に目覚めたみたいに鋭くなったのだと思う。まるで春に新芽が吹いて、花が開くみたいなそんなイメージが今の僕にはある。それが今の僕の仕事やプライベート全てに繋がってる。

     

    先生のおかげで毎日学校に行くのが楽しかったということ、その頃僕がどう考えていて、今までどういう人生を歩んで来て、どれだけ先生に影響を受けて、今どう生きているのか。そういう話を全部話した。ずっと話したかったことをずっと話したかった人にやっと話せた。

     

    日本酒を何杯か飲んでしまったのもあるけれど、話しながら涙が止まらなくなってしまって困った。まあ行きつけの居酒屋だから気にしなかったけれど。

     

    ただただ、先生は優しく僕の話をずっと真剣に聞いてくれていて、その時の僕を見る目があの頃と全く変わっていなかったことが本当に嬉しくて、僕はやっぱり先生のことが大好きだと思った。

     

    彼が僕らの担任をしていたのがちょうど僕と同じ37歳の時だったそうで、僕も今その37歳。

     

    僕は彼のようになりたいとずっと思って来たけれど、今僕はそうなれているだろうか。そんなことをここ数日考えたりしている。

     

    大人が全力でぶつかる姿って、全ての大人が見せるわけじゃないですよね。好きじゃない仕事を適当にやっている人が大半だと思う。そこで僕はたまたまかもしれないけれど自分が天職だと思える仕事ができている。僕がいま全力でやりたいという気持ちを持っていられるのはあの頃の先生の姿が僕の目に焼き付いてるからです。

     

    先生は日本酒が好きでいつも飲んでいるということを初めて知って、それから僕も普段から日本酒を好んで飲むようになったりしてます。大ファンだからね。

     

    | Log | 23:50 | comments(0) | - | pookmark |
    RAGE
    0

      昨日、スカイプで20代の女の子と話していてものすごい攻撃を受けた。

      実は僕は家で写真の現像をしている時に、見知らぬ人と話すことにしている。

      その方がRAW現像みたいな単純作業は捗るので

       

      スカイプの掲示板で話し相手を見つけるのだけど、本当にいろんな人がいる。

      ほとんど家での作業が平日なので、平日の昼間に話せる人といえば、主婦か、あるいは学生か、無職の人。

       

      僕自身、なかなかそういう人たちと話す機会はないのでなかなか彼らの生活や考え方というのも興味深いもので、特に生産性が見込めるような話をする人とは結構仲良くなれる。逆に、うつ病の人なんかは僕は話を聞いていられなくなってしまう。僕自身が精神的にすこぶる健康なので、感覚がわからないのだと思う。自由に生きているし、おそらく彼らを否定するようなことを言いかねないことが自分でわかるからそっと遠ざかるようにしている。

       

      それで、昨日話した20代の女の子の話なのだけど、彼女は学生で、今卒論を書いていて、四月から社会人になるということだった。

      僕の女性関係の話をしたら、彼女が突っかかってきた。

       

      僕が最近若い女の子と仲がいいという話をしたのだけど、それに対して嫌悪感を抱いているということだった。

      僕が若い女の子と仲がいいのはたまたまで、僕は年上の女性も年下の女性も別にこだわりなく人間性が合えば一緒に飲みに行くし、友達にもなるし、それ以上の関係になる時だって別に年齢は関係なのだけど、最近若い女の子と仲良くなる機会が多いのは間違いなく僕自身が結婚式場に出入りしているからだ。それ以上でも以下でもなく、結婚式場っていうのはスタッフの大半が女性で、ある程度年齢を重ねている女性は大半が結婚している。だから必然的にそうなってしまうってだけの話だ。

       

      彼女の感覚から言わせると、40近い男が、20代前半の女の子が好きなのが嫌で仕方ないということだった。

      要するに、経験が少ない右も左も分からない女の子は自分の支配下におけると思っている。

      ということを言われた。

       

      とんでもない。はっきり言って、年代というものは僕には全く壁ではない。ジェネレーションで分けることは全く僕は好きじゃない。

       

      女性に関していえば、50代でとても素敵で色っぽくて頭の良い人はとても素敵だし、20代で謙虚で誠実な女の子は尊敬できる。ようするに人間性でしかない。その人が素敵なら好きになる。男性だってもちろん同じだし。そういう見方しか僕はしてないと思う。

       

      だからその彼女の嫌悪感の源がよくわからなかったけど、そういう説明をして納得してもらった。要するに僕はおじさんではあるけれど抑圧して支配下に置くために若い女の子と仲良くなろうとしているわけじゃなく、その子が魅力的に思えたから話してみたいと自然に思ったんだと思うよ。というような話をしておいた。

       

      彼女の歳の頃、僕はどうだったかな。もう覚えていないけれど、もしかしたら自分にもそういう強い偏見みたいなものがあったのかもしれない。ということは、おそらくそれは経験不足からくるものかもしれない。経験したことがないのだからどうしたって勝手に妄想してしまうし、それが固定観念として根付いてしまうんだろう。

       

      お兄さんにはなんでも話してしまうという風に言ってくれて、自分のいろんなことを話してくれたけど、度々出てくる彼女のあの刺々しい言葉にはどこかしら懐かしさを感じていてああいう感じは僕にもあったなと思った。そうだった。僕にもなんだかわからないけれど許せない、ムカつくことは結構たくさんあったと思う。人に対して関心を強く持っていたのかな。

       

      たぶん彼女は頭のいい子だから自分でいろんなことに気がついて素敵な人になって行く気がする。

       

      彼女と話してみて僕には偏見がほとんどないことに気がついた。皮肉でそういうことを言うのは大好きだけど実際には他者に関しては大抵どうでもいいと思っているかもしれない。関心がないというわけではなくて、みんな自由であるべきだし、それを縛り付ける必要性はないと思うというようなことかな。

       

      こういう風になってしまったから彼女のその怒りの感情が、キラキラして見えてついついここにそのことを書き留めておきたくなったのです。

       

      では、おやすみなさい。

      | Log | 23:19 | comments(0) | - | pookmark |
      k
      0

        苦しさ、というか息苦しさというものをウェディングカメラマンを始めてからというもの一切感じていない。

         

        仕事に対しての違和感が全くない状態が続いていて、それが今の生活の基盤になっている。自分の自信にもつながっている。だから、努力しているという気持ちが全くない。今の状況はクリエイターとしては一番いいのかなと思っているのです。なにより自由に自分のやりたいことを割とすぐに形にできるような状況にあるのだから。

         

        人に恵まれていて、仕事に恵まれていて、自分に実力と自信がついて来ている。

        ただただ、日々自分の中から生まれてくるものを形にするという仕事だ。

         

        正直なことを言うと本当に今年は僕は停滞していたと思う。

        停滞していたと思っていた。という方が正しいかな。

        停滞しているようで、がむしゃらに写真を撮っていたことには変わりなく、停滞していたのは多分僕の脳のある部分だけで、それは必要だったから止まっていたんじゃないかなと思う。それが動き出したのも必然的なもので、そういう波が寄せてくる時と引いてしまう時というのはそれに身をまかせることにしている。

         

        頭でわかっていて身体が動かないというときはあるもの。だけど、その間だってなんどもいうけれど多分僕は自分で気がつかないくらい真剣に写真と対峙していたんだと思う。感覚的にいうと僕の右目みたいにあまりよくいろいろなものが見えてなかったような感じがしている。

         

        同じ音楽家、もしくは言葉のフレーズを繰り返し聞き続けたときのような感覚が僕の中に残っていて、今はそれを完璧に再現することができるようになっている。それが簡単に表現すると僕にとっての2017年だった。

         

        今年身につけた感覚をそのまま持ち越して来年は、僕はちゃんと左目でいろいろなものを捉えてはそれを切り取って僕のものにしていくつもりです。

         

         

         

        | Log | 00:42 | comments(0) | - | pookmark |
        オイマヨ
        0

          久々に今日はオイスターソースを買ってきた。

           

          作ってみたい料理があったから。

           

          体を作る時によく食べるのが鶏胸肉なのだけど、これのバリエーションを増やすたくてネットで検索していたらオイスターソースとマヨネーズで作るソースというのを見つけてとても美味しそうだったのでさっきスーパーに行って作ってみた。

           

          なかなか料理をする機会も減ったのだけど、ランニングを再開してからやっぱり食事に気を使うようになった。夜は基本的に炭水化物は抜いてタンパク質とビタミンをとるようになる。これ、意識しているわけではなくて体が自然と欲するようになるのです。不思議なんだけど。

           

          とはいえ、毎日同じじゃ飽きるわけで同じパターンでもソースを変えるだけで随分と気分が変わるものなので、ソースレパートリーを増やそうかなと思っている。基本的には鳥胸。下にキャベツの千切り。

           

          このオイマヨはオイスターソースとマヨネーズを半量ずつ、それに一味唐辛子を好きな量混ぜるだけという簡単なものです。味が随分濃いからキャベツの千切りとか茹でモヤシでもいいけどとにかく野菜があったほうがいい。

           

          鶏胸肉は適当に切って、今日は料理酒がなかったから紹興酒、あと塩を揉み込んでしばらく置く。そのあと片栗粉をまぶしてフライパンでじっくり火を通していく。焼きあがった後にソースを絡めて、野菜乗っている皿にドンとのせて完成。

           

          簡単な割にかなりいい感じだった。オイスターソースってアメリカ人が作ったリーバイスくらいいいものだなと思う。両国ともそんなに好きじゃないけど。

           

          これは酒の肴にもいいと思う。自宅でやる忘年会で作ってあげようかなと思う。

           

          今日は、knotの来年の撮影のお問い合わせが来た。このところ問い合わせが増えている。見てくれている人が増えているってことなんだと思う。ホームページの更新やブログの更新、インスタへの投稿をコツことやることがすごく大事だな。このインターネットの宇宙からknotなんてちっちゃい星にたどり着いてくれたお客様を大切にしたいなと思う。撮影を決めてくれたら否が応でも死ぬ気で撮ってしまう。

           

          それから契約している式場での撮影のあと、仲の良いスタッフがそこの仕事をやめようかと思っていると言っていた。僕は会社員になったことがないからあまりわからないけれども、彼女はいわゆる中間管理職みたいな立場だから一番辛いところにいるのかもしれない。まあそういう人がかなり多いのかもしれないけれど、彼女は特に性格上自分の失敗を結構引きずるタイプみたいで、それがさらなる失敗を生んでしまうのかもしれないと僕は感じていて、話を聞くということは言っておいたのだけどきっと連絡はないだろうと思う。

          仕事上僕は彼女に随分お世話になっていて、信頼もしているからできればやめないでほしいけれど、やめたいという話をしたことは間違いなくサイン。ストレスを感じているっていうことだから無理はしないでほしい。無理をしても何にも良いことはない。

           

          そう考えると僕は随分と図太くなってしまったなと思う。仕事で何かを注意されたり失敗しても次に活かせばいいと思うだけで、クヨクヨと考えることはしなくなった。適当に仕事をしているわけではなく、クヨクヨと考えることになんの合理性もないということに気がついたというだけだ。これはたぶん年の功というやつなのだと思う。若いときに死ぬほどクヨクヨと考えていたけれど結局その先には何もないことに気がついたのと、怖いものが随分減ったということなのかもしれない。

           

          経験というのは、人生を豊かにする。

          僕は今が一番楽しい。それにこれからが楽しいと思えている。

           

          僕は彼女くらいの歳の時もまだ彼女くらいクヨクヨしていたのかな。彼女からその話を聞いた帰り道、そんなことを少し考えたりしていた。

          | Log | 19:35 | comments(0) | - | pookmark |
          I put a spell on you
          0

             

            このところランニングを結構本格的に再開していて、できれば10キロを週3くらいで走れたらと思っている。

            だけどまだ体が戻っていないので、10キロ走るとヘロヘロになってしまってそのあと家で仕事が手につかなくなる。なかなか仕事とのバランスが難しいなと思っている。

             

            筋肉がついて肺活量があがるから、撮影の時にはかなり動けるようになる。これは本当に大切なことだ。ウェディングカメラマンは喫煙者が多いんだけど、みんなタバコをやめて運動した方がいい。とはいえ僕の性格上こういうことはあまり教えたくないんだけど。写真が上手ければいいフォトグラファーになれるっていうことは絶対にない。活躍してるプロは努力の方向性をきちんと把握してる。

             

            昨日走っていたときのこと、途中海の公園で少し休憩することが多いのだけど、海を眺めながら座ってたら空から何かがどさっと降ってきた、びっくりして近づいたらそれはひっくり返った鳩だった。

             

            そのあとを追いかけるようにカラスが何匹かやって来た。鳩は胸のあたりから血が出ていたのだけど、カラスがこんなダメージを与えられるのかな。もしかしたら鳶にやられたのかもしれない。とにかく僕は助けようかと思った。周りのカラスがずっとその鳩を狙っていたし、僕は鳩についていい印象があったからかもしれない。平和のシンボルだし。

             

            でも鳩はすぐにそのまま絶命してしまった。カラスは虎視眈々とカラスを食べようと狙っていたんだけど。こうなってしまって僕はどうすべきか、その場で少し考えた。結果、放置して立ち去ることにした。

             

            理由は単純で食べられることをかわいそうと思うことが単なる人間のエゴイズム意外なのなんでもないと思ったから。自分たちの生活の近くにいても一応弱肉強食は当たり前として行われていて、カラスが得た獲物を僕が奪う理由は特にないという考えに行き着いた。

             

            まあカラスは豊富に餌が生活圏にあふれていて別に野生動物を狩って食べる必要性は全くないと思うけれど。

             

            そうそう、先日の挙式披露宴の撮影で、新婦のお兄さんが写真にすごく興味を持っていたので僕のα9を持たせてあげた2470GMついてるやつ。感動していた。写真は最高の一つ趣味だと思うので、僕は彼の心に灯った火に油を注ぎたくなってしまったのだ。きっといいカメラを買って写真を楽しむんじゃないかなと思う。

             

            このニーナシモンのアルバムはなかなかお気に入りで、彼女のアルバムの中では一番ジャジーというか日本のブルースチックなサウンドが多くて、特に7曲目のfeeling goodは最高にクールだ。ニーナシモンに関しては昔思い出があって、とくにこのアルバムを聞くとちょっぴり心が震える。一曲目のI put spell on youのイントロを聞いただけでもう僕にとってはじんわりと胸に広がる。音楽と写真はこういう点で同じ要素を持ってる。

             

            明日は雨の予報なので、走ることはできない。家で一気に仕事を終わらせようと思う。

            | Log | 20:59 | comments(0) | - | pookmark |
            | 1/229PAGES | >>