CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
タバコの話
0

    25くらいから10年以上タバコをやめていて、二年くらい前からまた喫煙を再開して、その後思い直してやめて、また思い直しては吸ってを繰り返していたのです。

     

    そして今回もう二度と吸わないと誓いました。

    すべて喫煙に使っていたものを捨てました。

     

    理由はいくつもあって、まず意志の問題が僕の場合は一番にくる。

    僕の仕事は絶対に休めない仕事です。本当にやむを得ない事情がない限り。

    タバコを吸っている人はよくわかると思うけれど基本的に体調が悪いです。喉や肺に常にダメージを与え続けていて、さらに摂取したビタミンCを軒並み破壊しているわけです。喫煙している時は特に冬は本当に風邪をひきやすくて、だから二年前に喫煙を再開した時も冬は吸わないようにしていたのです。仕事に穴を開けたら自分が許せないからです。

     

    でも、それでもまた喫煙していたということは意識が低かったと言わざるを得ないと思います。

     

    僕の周りのカメラマンも喫煙者は多いけれど、体調が悪いと言ってる人がほとんどです。

    体が資本の仕事をしているのにそれでいいのかと自分に問いかけざるを得なかったわけです。

     

    僕がタバコを吸い始めたのは純粋にかっこいいと思ったからです。今もそう思ってます。だから喫煙用具にもこだわったし、100円ライターなんて絶対に使わなかった。ヨーロッパに住んでからは手巻きタバコばかりだった。カッコいいのですよ。タバコを巻く仕草とか、吸う仕草とか、いいライターで火をつける音とかね。

     

    本当にダメなのは、タバコに支配されているということに対して違和感を覚えないこと。負けてるんですよね。心がニコチンの禁断症状に。それに対して悔しいと思う気持ちは常に僕の中にはありました。

     

    僕先週池袋の居酒屋にタバコセット忘れて、わざわざ取りに行ったんです。交通費2000円くらいかけて、往復二時間以上かけて。

    いいライターやタバコケースを揃えてたから取りに行かざるを得なかったのですよね。

    それで、辞めることにしました。ふと我に返って、そんなことが馬鹿らしくなって。

     

    もちろん臭いや、歯に着くヤニもこのホスピタリティ最前線の仕事をしていて絶対に良くないんですよ。

    この間喫煙者のアシスタントにも話しました。

    歯のヤニ、口臭に関しては気をつけてほしい。という風に。

    だけど、僕が吸ってたらなんの説得力もないですよ。

    それも辞める理由の一つでした。

     

    挙式の前日は入念にリステリンしてからバッチリ歯を磨きます。

    口臭対策はリステリンが最強です。たまに式場のスタッフでもいますが、勧めたくなります。

    歯磨き粉つけて歯ブラシで磨いてるだけじゃ歯垢は落としきれないんですよ。

    そのままだと老人のポリデントしてない入れ歯みたいな匂いがしてるんですよね。あれは婚礼スタッフとしてはアウトだと思います。

    でも同僚が言わないのでしょうね。言いづらいことではあるんだと思うけど。言うべきです。

    僕が客だったら本当に嫌です。

     

    結婚式に関わる仕事をしている以上、意識が高ければ高いほど良いに決まっています。

    清潔感というのはこの仕事においては最低限の部類です。

     

    今日でタバコやめてから1週間くらいですかね。

    初めの一日二日はきつかったです。

     

    現在1日に一度くらい少し吸いたくなるかならないか程度です。吸いたくなったらガムを噛んでます。

    僕は自分で言うのもなんだけど意志の固い人間です。

    だからこの厳しい世界で生き残れていて、さらに業績を伸ばせていると思っています。

    だから禁煙は25の時に徹底してやったのだけど、あの時もできたわけです。

    ただあの時は手が震えるくらい禁断症状が出たんですよね。正直辛かったです。

     

    喫煙を再開したきっかけは、結婚の話がなくなったことだけど、あの頃は本当に自分が弱ってたなと思います。それだけ精神的なダメージはあった。だけどもう時間が経って状況はかなり変わった。今はいろんな部分においてタフにならないといけないし、そのくらいでタバコに逃げてるようじゃこの世界で上にはいけないと思うのです。

     

    ここにわざわざこんなことを書くのも意志の表明をして自分を追い込もうとしているからです。もう二度と吸わないとここに書いて誓ってしまうそうしないとやっぱり甘え心が出てしまう。

     

    僕はその辺のフォトグラファーで終わるつもりはありません。他のフォトグアラファーがタバコを吸って体調が悪いと行っているなら、吸わない僕は有利ですから。

     

    もうすでにタバコを吸いたい欲求がほとんどなくなっていて、生活は圧倒的に楽になりました。体調が1週間でもものすごく良くなったと感じる。まず喉が全く痛くない。咳払いがなくなった。咳払いもやっぱりこの仕事には良くないです。そして肩こり、喫煙は全身の血管を一気に収縮させるので、血行が著しく悪くなるのだけど、肩こりは顕著に出る症状です。1週間でもこれもだいぶ良くなった。あとは、よく眠れるようになった。寝起きもとても良くなった。体調はどんどんいい方向へ向かっている。

    何よりやっぱり自信が持てるようになります。自分に負けないという意志を貫くということにおいては。

     

    そしてお金ですね。本当に喫煙者はそこの意識がどこかに飛んでしまっているけれど、年間計算したら余裕でレンズ一本買える金額になりかねない。僕はレンズを買う方を取ることにします。必要な機材はまだまだありますし、knotの事業に少しでも投資できるようにしなくてはいけない。

     

    好きなことを追求するのに喫煙は邪魔でしかないんですよ。

     

    ただ僕は他人に禁煙しろとは言いません。吸いたい人は吸えば良いのです。

    ただ喫煙によって仕事に穴を開けたり、何か失態を犯した場合は許せないと思います。風邪をひきました。休みます。そういうわけにはいかないんです。僕はウェディングに入ってから喫煙はしていたけれど、体調不良で撮影を休んだことは一度もないです。星野リゾートは喫煙者を採用しないということを徹底しているそうですがあながち間違ってはいないですよ。ホテル業も同じホスピタリティ最前線ですからね

     

    本当に今年は正念場。変えなくてはいけない部分は徹底して変えていくつもりです。まず自分から徹底してやっていく。

    写真の腕だけじゃないんです。

     

    日々、体がクリーンになっていくのはとても感じています。ご飯もお酒も美味しくなるし、空気さえ美味しく感じます。

     

    仕事がどんどん楽しくなっていってるので、このまま波に乗っていかなきゃいけません。全力で走れる体力を精神力をまだ保っていなくてはいけないです。

    | Log | 18:54 | comments(0) | - | pookmark |
    5月とフラッシュの話
    0

      この時期は前半期の婚礼業界のピークです。

       

      knotも打ち合わせやら撮影の相談やらで多方面の話が同時に行われるのでバタバタしております。

      それに同時進行で、新しいクライアントとの話も進めています。

      knotのオリジナル商品の開発も進めています。

       

      今日はフラッシュの話。本当に今迷走している状況です。

      婚礼の撮影には必須のクリップオンストロボですが、最近周りのプロカメラマンはこぞって中華製のフラッシュを使ってるのです。品質と機能が純正と並んでいる、あるいはソニーに限って言えば現状超えてしまっている状況です。まだHVL-F60RMが出てないですから。そしてもちろん安い。この金額であれば修理しないで壊れたら買い換えればいいやと思えるくらいの金額です。耐久性もあるようです。今年になってようやくフラッグシップのフラッシュに電波式シンクロが搭載されるソニー。。遅すぎじゃないですかという話です。フラッシュは消耗品です。果たしてKnotはどういう風にシフトしていくのか、今ものすごく考えているところです。

       

      結局撮影の品質はブランドで補えるものではないのです。我々はプロなのでコストパフォーマンスも重視しなければなりません。実際に使ってみて良いものをチョイスできる環境がソニーを使っている限りは整っているのです。レンズしかり、フラッシュしかりです。

       

      ソニーのフラッシュはとにかくやわです。すぐ壊れる。今まで何度修理に出してその分料金を払ってきたことか、プロサポに入っていて半額だからといって、この間直したシューの部分が速攻でまた折れたりしています。。正直もう嫌になっています。

       

      もう今夜は書いてる余裕がないです。

      とりあえずヘトヘトなので、風呂に浸かってぐるぐるしてるものを洗い流してから寝ます。

       

      | Log | 22:00 | comments(0) | - | pookmark |
      アシスタントとフォトグラファー
      0

        最近ずっと頭の中がグルグルしている。

        考え事をしているときは、だいたいグルグルしていて、グルグルした後に結論を導き出すことも時々あるので、グルグルしていることはそうそう悪いことじゃない。ほとんど仕事のことだ。

         

        恋をしているときはもっとグルグルしていて、これにおいてはほとんどの場合その場で結論を導き出すことはだいたいできないから、非常に厄介だ。昔から僕はこっちのグルグルには弱い。まあこんな余談はどうでも良いのだけど。。

         

        実はアシスタントができました。正式に。

        Knotで今後働いていただく方です。

         

        彼のことを少し話すと、彼はカメラマン未経験、現在全く別の業種で働いている方だ。

        僕としては未経験であることは、逆にこの業界に迎え入れるのにはいいのではないかと思ってるんですよね。中途半端な人はダメな奴が多いから。社会人経験が長いというのもすごく良い。まあ別に経歴なんて関係ないから高校を中退している僕がこの業界で生きていけているわけですが、そういうことを関係なしに、自尊心の無駄に高い中途半端な商業カメラマンが本当に多いことこの上ない。うちで雇いたいと思う人は本当に少ない。

         

        僕としては、今仕事が順調なKnotにおいて今後間違いなく広がっている仕事の幅を考えると正直手が回らないということはずっと予想がついていたことで、遅かれ早かれ見つけなきゃいけないとは思っていた。現段階では、正直なところいなくても仕事は僕一人でもこなせる程度だ。だけど今の感じだと間違いなく伸びるので。

         

        僕の率直な意見を書いておくと、僕の周りのカメラマンも含めてみんな営業がものすごく下手だ。僕はそれとは逆に営業で生きてる。人付き合いが自分で言うのもなんだけどものすごくうまいと思う。じゃなきゃ直接契約を結んでくれるところなんてないだろうと思う。もちろん写真に関しては自分ではできることを最大限やって来たつもりだ。でも撮れるだけではただのフォトグラファーで終わってしまう。

         

        なぜ周りのカメラマンが営業が下手かというと、冒頭書いた自尊心が無駄に高いというのが圧倒的に多い。特にウェディングにはそういう人は向いていないと思う。

         

        自尊心が高い人は、自分にブレーキをかけてしまうんですよ。自分の失態を晒したくないからだと思うのだけど、失態を晒すことを恐れてると仕事を逃すのです。僕だってカメラマンからそんなところが垣間見えたらまず仕事を振らない。プロの商業カメラマンにそんなものはいらないし、そんなものを振りかざしている人はプロとは言い難い。

         

        僕が自尊心を捨てたのは、この仕事に入ってからだと思う。だから貪欲に仕事ができた。盗めるものは全て盗んできてやると思っていたし、実際にそうしてきた。

         

        それまで写真家としてやっていた頃は天才だと自分で言っていたくらいだから、本当に生意気だったと思う。けれどもそのくらいの気概が必要だったんじゃないかな。写真家として行きていくと心に決めていたのだから、生半可な気持ちでやっていては自分の写真を見てくれる人なんていないだろうと思っていた。その考え方はその道ではあながち間違っていなかったと今でも思ってる。

         

        自分自身が全く違う方向へ向かっている今、そんな邪魔な荷物を携えるわけにはいかないというわけだ。

        僕はお客さんと直接打ち合わせをして、撮影をして、アルバムを作って、クライアントと打ち合わせをして、新しい商品を開発して、さらに今後は違うジャンルへ手を出そうと思っている。そんなものを見せられて気持ちいい人なんて周りに誰もいない。僕だってそうだ。

         

        アシスタントの彼が、この先の仕事のパートナーになってくれるかどうかは正直まだ全然わからないけれど、(おそらく彼もわからないと思っているかもしれないけれど。)大切なのはこの仕事にひとまず食らいつくこと。そしてこの仕事の魅力を理解すること。この二つじゃないかと思う。仕事においては。魅力を理解するにはある程度食いつかないといけないし、魅力を理解してしまえば好きになるだろうと思う。

         

        環境はとても大切だ。僕はそれを整えなくちゃいけない。

        うちで働く人たちの環境を整え、雇い主として彼らを守らないといけなくなる。僕一人で気楽にやっていければいいやという時期が終わろうとしている。うーん、すごいプレッシャーだ。。でもいいプレッシャーなのかもしれない。

         

        先日月印で言われた言葉だけれど、「仕事のパートナーを探すなんてそんな簡単なことじゃない。結婚と同じようなものだろ」とふじおさんが言ってた。まさにその通りだと思う。そういう気持ちで、もしknotにフォトグラファーが入って来てくれたなら、Knotは成長することになると思う。Knotにとって魅力的なフォトグラファーほどの宝はない。

         

        多くのフリーランスカメラマンがどれだけ軽い気持ちで仕事をしているかということも最近よく見えてる。そういう人たちは僕は相手にしない。向上心がない人間と付き合うと僕はイライラしてしまうところがあってよろしくない。はっきり言って全てが無駄。

         

        あと甘い汁を吸おうと思って擦り寄ってくる人たちもいるけれど、それは構わない。だけど自分の魅力をきちんとアピールして来てほしい。そうじゃなきゃ採用する理由がないので。友人だからなんて理由で採用はしない。という考えは今後一貫して生きたい。僕がここまでくるのに甘い汁を吸おうと思って仕事をしてきたことはない。自分がどれだけできるようになったかで対価をもらう。そうやって仕事の単価を上げてきたつもりだから、余計にそうなのだと思うけど。そういうことをはっきり言っていくつもりだ。

         

        それに僕は雇う人に対して搾取をするつもりはない。単価を上げられるのであればそれをきちんと分配したい。そうして彼らがやる気を出してくれたり、より魅力的なフォトグラファーになってくれるのであればそれにはものすごい価値がある。

         

        こういう考え方がウェディングを含めフォトグラファーの現在の状況を改善する鍵になるんじゃないかなと思ってる。もちろん向上心や勉強をしていく各々の気持ちが大前提だけど、そういう人はきちんと対価をもらえるような環境にするのが、大切だし、それが結果的に何よりお客さんの幸せに繋がると思うのですよね。

         

        とにかく今年、Knotは正念場を迎えているのは間違いないと思う。

         

        今後、ウェディング以外の仕事をすることになるかもしれない。何をするにしても好きでいられることは一番大切だ。それがKnotの原動力であるということをずっと今後の目標にして行きたいなと今は強く思っている。

         

        一通り駄文を書いたらグルグルが収まりそうなので、風呂に入って寝る。

         

        雨の音が心地よいいい夜だ。

         

         

        | Log | 00:07 | comments(0) | - | pookmark |
        ブレ
        0

          よくブレないと言われる。

          僕はブレないわけではなくて、簡単に言うと人より少しだけ頑固なところがある。

          一度やるといったことをやり遂げないと気が済まない。

          だから声に出す。出したらやり遂げることを知っているから。

          それを一貫してやっているだけだからブレないという風に見えるだけなんだと思う。

           

          写真を続けてきたのも、頑固なところが人より強いからなんじゃないかと思う。

          自分でも何年か前まではここまで商業カメラマンをやるようになるとは思っていなかった。

          写真に関してはやめようと思ったことは何度かある。

           

          結果を出すまで食らいついてでもやりつづける。

          なんて言う根性論みたいなものも本当は好きじゃないのだけど。

          なんで続けられたかと言うと、好きだからだ。

           

          我慢して好きじゃない仕事をやり続けている人は山ほどいるだろうし、好きな仕事をできている人の方が少ないと思う。むしろ何が好きな仕事なのかわからないという人もたくさんいると思う。

           

          好きなことを仕事にすることの強みは、苦労だと言われることが苦しく感じないことだ。

          だから僕はこの仕事において強い気持ちでいられる。

           

          これは自分のことだけじゃなくて、この仕事を続けていけるのは周りの人たちのおかげだ。一人じゃとても今までやってこれなかった。周りの人たちは、もちろんビジネスの関係なのだから自分のメリットも考えているはずなのだけど、僕のことを全力で支えてくれた。何度かこの仕事でもピンチの場面があったけれどもその時に彼らに支えてもらって切り抜けられたことは絶対に忘れない。僕はその恩返しがしたくて全力で撮ってきたつもりだ。そういう信頼関係というのは非常に強い。そう簡単に切れない絆が生まれる。

           

          僕も仕事で関わる人たちをこれからも全力で支えたいと思う。別に美談を書こうと思っているわけではなく、そうすることで自分にもメリットがあるからだ。仕事においては見返りを求めるのは当然のことで、knotの仕事をしてくれるカメラマンや、クライアントもそうだけど、そういうことができる人間性を感じるかというところで付き合っていくかどうかを判断するようになった。最近は特に。

           

          今年僕が心に決めているのは無理をしないということ。

          無理をして嫌な仕事をしない。

          無理をして嫌な人間と付き合わない。

          苦しいことに立ち向かうことは今まで同様に、しないことに決めた。

          だから僕は結構簡単に逃げます。

           

          そうしないと続けていくことができないから。

          続けることが力になるということがわかっているから、楽に進める道を自分で作ってしまうんだ。

           

          これから間違いなく今まで以上に多くの人と仕事で関わっていくことになるけれど、この考えだけはおそらくブレないと思う。

          全ての人に好かれようとしなくていいや。なんなら嫌ってくれて構わない。

          こう考えるとすごく気持ちが楽になる。

          自分が好きな人たちと好きな仕事をすることが僕にとっては一番幸せなことだっていうことが、僕の着地点になった。

          | Log | 00:28 | comments(0) | - | pookmark |
          衣装提供開始とアルバム商品が増えます
          0

            先週、先々週と5月挙式のお客様の会場下見に行って来ました。

            素敵なプランナーさんにご案内していただきました。

             

            昨日は7月の鎌倉でのデラックスプランのお問い合わせをいただいていて打ち合わせに行ってきました。

            その場で契約してくださいました。

            お二人とも美容関係のお仕事をなさっていておしゃれで、当日非常に楽しみになりました。

            チャペルも披露宴会場もオーシャンビューで、素敵な結婚式になると思います。

            今からワクワクしています。

             

            Knotから、いくつかニュースがあります。

            まずKnotは、今後横浜元町のThe Room for Bridesと業務提携をすることになりました。

             

            それに伴いKnotでもウェディングの衣装のレンタルを開始します。

            今後前撮り、挙式当日でもご利用いただけるようになります。

            詳細はまた後日ウェブサイトへアップさせていただきます。

             

            Knotで取り扱うアルバム商品が増えることになりました。

            これからアルバム商品のデザインとサンプルの製作に取り掛かります。

            お客様の好みに合わせデザインも徐々に増やしていきたいと考えております。

            完成次第ウェブサイトやインスタグラムへアップいたします。

             

            今後Knotでは様々な商品展開を行なっていきますので、是非ともご期待くださいませ。

             

            今後ともKnotをよろしくお願いいたします。

             

            | Log | 18:55 | comments(0) | - | pookmark |
            << | 3/236PAGES | >>