CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
α7兇1635、カメラの話。
0
    α7兇鬚笋辰伴蠅貌れた。メインがこっちで7はサブになりました。

    iPhoneImage.png

    一見7と変わらないんだけど、グリップがとても握りやすくなったのと、操作ボタン、シャッターボタン、ダイヤルその他の配置がかなり良くなっていて、シャッター音もかなり小さくなっている。ピュンっていう感じの音です。7が煩いくらいなのでメインショーの撮影なんか結構気を使ったんだけど、これならだいぶいいかな。全体的にクオリティが上がっている印象です。

    縦位置グリップは、7なんてシャッターボタンの配置がかなりよろしくなくて、横で握ってるときに縦のシャッターボタンを手のひらで押しちゃって連写バーっとやっちゃうことが多々あってワーすみません!なんて焦ったりしていたのだけど、シャッターボタンの位置が改良されていて7兇呂修譴なくなりましたねー。素晴らしい。

    グリップを握っただけでファー(´Д`)って感じです。わかりますかね。
    カメラ屋でα7と7兇鮖ち比べてみてください。
    はじめに7でそのあと7兇任后

    7胸った瞬間にファー(´Д`)ってなります!

    僕だけかなこれ。。

    次にボディを買うとしたらα9かなと思っています。楽しみですね。α9。
    どんなデザインになるのでしょうかねー。エキサイティングですね。

    16-35mmF4のツァイスは船でお世話になっているプリンターの会社の営業さんが7Sにつけて持っていて、自慢されてほしいと思っていたのですがやっと手に入れた。次の乗船ではこれがメインになるかなと思われます。船内はこれ一本だけで行けるはず。24-240と合わせればもう他に入らないかなと。とても使い勝手のいい画角で、引けないという場面で16mmまで広いっていうのはかなりの安心感がある。

    で、ツァイスは全て金属でできているから使っていて気持ちが上がるんですよね。高級感抜群ですから。普通のαレンズはズームリングなんかゴムだからなあ。やっぱり違います。

    基本的に他社製のレンズは使いたくないんですよね。フラッシュのシンクロに問題が出たりすることがあるので、まあ試してないけど知り合いのカメラマンはニコンのボディで出てました。たしかシグマレンズかなにかで。

    できればFEレンズで全部ラインナップしていきたいですね。Aマウントレンズをアダプターに噛ませると電気信号のせいかフラッシュのシンクロが遅くなるから。とくに今後は単焦点のラインナップが増えてくると思われるので、楽しみです。85mmはbatisとsonyからでるzeiss両方ラインナップされるとしたらF値の明るい方、それから55mm1.8, 広角は24mmが今後出るとしたらほしいですね。batisから25mmf2が出たけれど、それも今後のラインナップ次第かなと。

    もしかしたらこの組み合わせでnora撮ったら面白いかなと思ってます。
    個展でnoraやるならこの組み合わせかなー。24mmの単焦点でいいのが出るかどうかですかねー。



    ボノとセブンツー&1635。

    君たちはこう見るとなんとなく似てる気がするよ。

    なんだかそんな気がしませんか。
    | Log | 15:26 | comments(0) | - | pookmark |
    美人画報の今後と秋の展覧会について
    0
      美人画報ですが、下船したからには続編を作っていこうと思っています。
      ただ、ウェブサイトは閉めます。別の形で継続していこうという構想が今の所僕の中にあります。

      新しい仕事決まってバタバタしていますが、秋の展覧会の作品もまとめています。

      本当にいろいろとありますが、

      ただただ僕は今写真に夢中です。

      どんな形であれ僕は最終的に写真と運命を共にして死ぬつもりです。

      そのくらいの価値が写真にあることがやっとわかってきた。

      ような気がします。
      | Log | 00:28 | comments(0) | - | pookmark |
      flamenco schechies
      0




        下船して1日は何もしないと決めていたので、今日は何もしませんでした。
        いや、洗濯をしたり、結局いろいろやってしまったのだけど。何もしないと決めたならば何もしないでいられるようになりたいなと思いました。中途半端だなと、今振り返ってみると少し思いました。

        新しい仕事の面接やら、船の引き継ぎなどで移動の多い一週間になりそうです。

        ただただ、今は自分のベッドがとても心地よかったのかと驚いています。

        ランニングをしようかすごく迷ったのだけど、今日走ったら完全に何もやらないという規定に違反するのでやめました。

        仕事の連絡、ラーメンを食べに行く、いろいろな物の注文、スーパーで野菜を買う。

        この辺りだけやりました。新しい相棒(新しいメインカメラ)も来週あたりには手に入れて新しい仕事が始まると思います。

        僕のペースだとここで数日間休みにしたいところなのだけど、いろいろな流れがこうなっているので、そう休んではいられないです。

        動画二本ですが、上はにっぽん丸から見えるサンセット、下はマイルスデイビスのkind of blueの最後の曲flamenco scheches。僕は夕焼けを見る時間があるとイヤフォンでこれを聞きながら沈む夕日を眺めていました。とてもセンチメンタルな気分になります。疑似体験になってしまいますが、画質もあまり良くないけれど、両方同時に再生できる方はやってみてください。このコンビネーションはとても美しいです。
        | Log | 21:21 | comments(0) | - | pookmark |
        cemetery gates
        0


          やらなければいけない仕事のうちの一つにとても好きな仕事が一つある。

          それは大量に売れ残ったプリントをシュレッダーにかけるという作業。僕はこの作業がとても好きなのです。

          写真を飛ばし見しながら5枚ずつくらい大きな業務用シュレッダーに放り投げていく。長いクルーズになると大体千枚くらいのプリントを30分から1時間くらいかけてシュレッダーに放り投げる。

          みるみるうちに美しい風景や人々の笑顔や思い出が小さな紙くずに粉砕されて消えていく。

          写真を処分するという行為は終わりを示す。それが人生の終わりだったり、あるいは恋の終わりだったりすることもあると思うけれど。

          それが僕の場合は最近はクルーズの終わり。

          記憶に関して言えば、僕自身の記憶でもあるけれど、主に他人の記憶になる。でもそれもまた同じ記憶を消し去るための行為なのだから本質としては何も変わらない。

          違うのはこの作業がやらなければならない仕事だという点だ。だから他のカメラマンはこの作業をとても面倒くさがる人がいるのだけど、もったいないなぁと思う。たぶん彼らにとっては流しにたまった食器を洗うようなものなのだと思う。

          よく写真を処分して終活をしているという話をこの仕事をしていると聞くのだけど。それは自然で美しいことだと僕は感じるのですよね。だから僕はそういうお客さんには敬意を払い写真を絶対に無理に撮らないことにしてる。美しい結末を望んでる人は美しいから。

          僕ももし人生のそういう時期にさしかかったら、同じことをするかもしれない。

          何も残さず、消えてしまうという結末が僕は好きだし、とても美しいことだと思う。

          写真を撮る仕事はまさにこれとは真逆のことなのだけど、どうせ人生なんて結局のところ矛盾だらけなのだから仕方ないのかなと自分を納得させてるのです。
          | Log | 15:47 | comments(0) | - | pookmark |
          blue in green
          0
            草むらでなにやらごそごそとやっている女性を見つけたので、近づいて聞いてみた。

            「なにをしてるんですか?」

            「実は友人がとても落ち込んでいて、送ってあげようと思って四葉のクローバーを探しているのです。」

            僕はその話を聞いてちょっぴり感動したので、彼女の四葉のクローバー探しを手伝うことにした。

            約10分ほど僕と彼女は草むらをごそごそとやって、四葉のクローバーをついに探し当てた。探し当てたのは彼女の方だった。

            詰んでしまったらすぐに枯れてしまうから写真を撮って送りたいと彼女は言ったので、僕はどう撮ったら良いのか考えた挙句、四葉のクローバーを探し当てた彼女の手を入れて撮ることにした。

            それがこの写真。



            彼女は同じ船に乗っている違う部署のいわゆる同僚の方だった。ずいぶん粋なプレゼントをする人だ。

            彼女の友人の心が少しでも軽くなって欲しいと願ってやまない。

            屋久島より
            | Log | 11:57 | comments(0) | - | pookmark |
            Vladivostok
            0








              | Log | 08:46 | comments(0) | - | pookmark |
              アパートギャラリー
              0
                秋のグループ展のギャラリーを今日見てきました。

                用賀から徒歩10分くらい環八沿いのシンプルで綺麗なビルです。

                ギャラリーのURLは前にも載せたかもしれないけれど、ここです。

                http://833apart.com

                僕はすっかりにっぽん丸の仕事でそこのオーナーの中村風詩人さんと仲良くなったのですが、彼が本当に素晴らしい。とてもユーモアがあっていい写真を撮る写真家です。僕と気があうのは歳が近いということもあるけれど、話していて感じたのはたぶん感覚が近いんです。好きな写真家も今日話したところでは似ているし。

                実際にギャラリーに行ってみて秋の展覧会、ちゃんとやらないといけないと改めて思いました。もちろん決まったときから思っていたのだけど、改めて気を引き締めて取り掛かろうという気持ちになったと言う意味です。

                さて、明日から乗船です。

                ブログを見てくれている皆さんとはしばしお別れです。とりあえず乗ってしまえばやることを毎日こなす日々で、多忙です。あっという間に2ヶ月が過ぎて下船となるとは思うけれど。

                途中度々ブログは更新すると思います。時間があって、電波があって、気力があるときに、皮肉の一つでも書けたらいいなと思います。

                では、ひとまず、さようなら。
                | Log | 21:35 | comments(0) | - | pookmark |
                飲むとき用
                0
                  このアルバムを流しながらお酒を飲むと気持ちがいいので、やってみてください。
                  やっぱりジェイムスブレイクはファーストアルバムがいい。



                  下船中かなりの勢いでブログを更新しましたが、船のような閉鎖環境下にいると、言葉がモヤモヤと自分の中に溜まっていきます。
                  常に誰かと一緒で、一人の時間も少ないのでいろいろと吐き出すような気持ちで数ヶ月過ごしていて休暇中に一気にブログを書いたけれど、そのおかげで今回の下船はなかなかリフレッシュできたかな。

                  たぶん今夜また書きます。
                  またしばらく書けなくなるので。
                  何書こうかな。
                  | Log | 09:26 | comments(2) | - | pookmark |
                  秋のグループ展の話
                  0
                    ずっと考えています。

                    カラーにするか、モノクロにするか。

                    モノクロでシリーズ化しようとnoraを始めた当初は考えていたのだけど、今回はカラーのほうがいいような気がしていて、僕の中ではカラーに傾きつつある。DMに使う写真自体は決まっているのだけど、それがあまりにもカラーのほうが良いからなのだけど。

                    今回はグループ展でよりカジュアルな感じなので実験的にカラーでやってみるかもしれません。

                    もしかしたら、後で気が変わるかもしれないけれど。

                    カラーならカラーで、たぶん印画紙も厳選しないといけない。モノクロだったら前回使ったものがベストだとおもうから、迷うこともないのだけど。カラーの場合はたぶん僕はまた少し変わったアートペーパーを使いたくなるような気はしている。

                    まだ作品を見せる段階ではないのだけど、なかなか自分では気に入っています。たぶん前回見に来てくれた人は好きなんじゃないかと思います。何よりロケーションが日本全国に広がっているので、それもまた楽しめる要素の一つなんじゃないかなと思っています。

                    noraを撮っているときは本当に僕は自分の感覚のみでシャッターを切っていて使命感に駆られたりしているわけでもないからとてもリラックスして撮影ができる。だけど、ものすごく集中している。それはとても心地良いのです。疲れない。

                    作品についての話は、またギャラリトークを展覧会のときにやったりするようだからそのときに話します。オープニングパーティーなんかで僕はすこし喋ることになるかもしれません。

                    もしかしたらまたポストカードを作るかもしれません。あと作品は今回は一枚ずつ額装なしで販売します。額装は好みがあるし、前回よりもよりカジュアルに柔軟にという感じで考えています。なのでポストカードはたぶん同じくらいの金額だけど、作品は額装がない分安くできそうです。もちろん裏にサインを入れて。

                    他の三人の写真家については、僕自身ほとんど作品は見たことがないので、今回初めて見るという形になるので結構楽しみにしているんです。

                    あっという間に休暇が終わってしまいます。すこし慌しかったけれどなかなか充実した一週間でした。

                    ではでは。
                    | Log | 00:04 | comments(0) | - | pookmark |
                    月印より
                    0
                      下船中に必ず行こうと思っていたのだけど、なんだかんだで毎日予定が詰まっていて今日ぐらいしかなかったので行ってきた。

                      ナナさんから素敵な話を聞けたので、書いておきます。

                      ローカルな話なので、わからない人にはわからないと思いますが、詳しい説明は省いてそのまま書きます。僕の親しい友達か、昔からブログを読んでいる人はたぶんわかるかもしれないけれど。

                      昨日、五右衛門のママがたまたま月印に来たそうで、みんなで僕の噂をしていたらしいです。だから僕が今日行って驚いたようでした。入ってまず言われたのが、「噂をしてたの」だった。

                      僕が最近月印に顔を出さないからナナさんは僕がそういう気分じゃないから来ないのではないか。という話をやまっちとしていたそうで。(もちろん僕はにっぽん丸に乗っていたから月印へは行けるはずはなかったのだけど、そのことを彼女に伝えていなかったからそういう話になったわけです。無精で申し訳なく思ったのだけど。)

                      そうしたらふじおさんは、

                      「恋をしているから来ないんじゃない」

                      と言ったそうです。

                      なんて素敵なことを言う人なんだろうと感動してしまった。



                      ちなみに僕が恋をしているかどうかについてだけど、



                      形はどうあれ、僕は恋をしているから、ちゃんと写真を撮れるんです。たぶんそういうことだと思う。



                      スペアリブと野菜のクスクス

                      久々にナナさんのご飯を食べてきたけれど美味しかった。ひとまずナナさんのご飯は食べないと船に乗れないなと思っていたんだけど、食べられて良かった。美味しいものを食べると元気が出る。ふじおさんの先ほど書いた一言のようなものがこの料理にも詰まっている。



                      ふじおさんは、最近ハンドメイドの洋服を作っているみたいで、履いてみろと言われて履いたらまんまと買ってしまった。本当に美しくて。



                      僕が買ったのはこのカーキ色のパンツ。確か軍もののコートを流用しているのかな。ボタンひとつとっても見ても本当に美しいです。すべてアンティークの自分のコレクションのを使っているそうです。ワイドシルエットなのだけど、誂えたかのように僕にぴったりだった。船に履いていこう。仕事中は履けないけれど、こういう素敵な服を持っていくだけでテンションが上がるし、仕事に張り合いが出る。

                      基本的に月印のお客さんは撮影を許されていないのだけど、僕は撮っていいと言われていて、ネットに出しても構わないと言われているのでブログにこうやって出していますが、フェイスブックの方で月印のアルバムを作ってそこに写真をアップし始めました。僕自身まとめておきたいと思って。

                      フェイスブックのアルバムは一般公開しているので、フェイスブックをやっていない人でも見られると思います。たぶん。見られなかったらゴメンなさい。

                      URLは↓

                      https://www.facebook.com/hitomi.suzuki.and/media_set?set=a.384553938404464.1073741832.100005495836552&type=1&notif_t=like&locale=ja_JP

                      下船時に撮った時に追加していきます。

                      月印でコーヒーを飲みながらタバコをふかしている時間が一番幸せです。

                      本当に美しい人たち、美しいカフェです。ここが世界で一番です。大好き。
                      | Log | 21:08 | comments(0) | - | pookmark |
                      << | 5/60PAGES | >>