CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
これから欲しい機材などについて。
0

    ウェディングフォトの世界に入って2年が過ぎて、今の所仕事はかなり順調と言えると思う。

     

    運良くとても勉強をさせてくれる大きなクライアントを見つけたこと、Knotの案件も昨年順調に取れたこと、たくさんの出会いがあり、仕事の基盤がしっかりとできたのではないかと思う。Knotを立ち上げた当初は必死でホームページを作ったり、営業をしたり、それをお世話になっていたクライアントの案件をこなしながらやっていた。もちろん今も継続してやっているわけですが。

     

    最近ようやく仕事が楽しいと思えるようになってきた。おそらくだんだん余裕が出てきたのと、もともとこの仕事に対する違和感が一切ないからだと思う。

     

    仕事に関して言えば、向いている仕事(天職)を見つけた時、人は水を得た魚のように自由に泳ぎ出すことができる。仕事は生涯その人に付いて回るもので、水を得ることができない人もたくさんいる。我慢強い人は一生水を得ない人もいるのかもしれない。そんな中今のこの自分の仕事における状況は本当に幸運なんだろうな。

     

    ウェディングフォトを撮り始めてから、機材に対する興味がぐっと湧いてきた。そうなったのは、もちろん2人のためにいい道具で撮影してあげたいというのが一番にある。それ以上に状況に対応できる横領力をいい道具を使うことで広げることができることを実感したからです。

     

    だからそういう意味においては、機材に対する所有欲みたいなものは自分には相変わらずあまりないのです。その辺はアマチュアの方とは圧倒的に違う部分だと思う。この描写がどうのというよりも、この場面でこの機材を使っていれば確実にいい写真が撮れる。ということが最も大事で、それ以外は本当にどうでも良いのです。

     

    でもα9を持つことに関しては純粋に嬉しく思う。これに関しては所有欲というより、このクラスのカメラを買って使いこなす自身が自分についたことに関して嬉しく思うのです。α9であっても別に自分の仕事に必要ないと思えば全く興味を示さなかったと思う。あそこまでの連射は必要ない。金額も僕から見てもかなり高額です。α9の中にも必要な要素とそうじゃない要素は両方あるのだけど、僕の写真に必要だと判断したから迷わずに予約した。

     

    僕の仕事で今欲しい機材を少しメモ的に書いておこうかなと思う。

    おそらくこれから仕事のために買うであろうものたち。

     

    α9の2台目。言わずもがなですが、ウェディングの撮影には2台のカメラが必要になるからです。

     

    ガイドナンバー60の電波式フラッシュ3台。1台は予備。これから発売されるであろうと思います。

     

    レンズ

     

    70-200mm f2.8GM 

    現在使っている24-240は便利だけど解像度はこちらが圧倒的に上で画質を考えるとこちらかなと思っている。24-240は小さくて便利なのだけど、美しさを優先するならこっちになるかな。

     

    16-35mm f2.8GM 

    8月に出るこのレンズ。特に16-35mmのワイドズームはF4のツァイスを今一番使っているのだけど、実物を触ったらGMの方が欲しくなりそう。業務で使うならワイドではパンフォーカスで使うことが多いのでF4で十分なのだけど、特にウェディングに置ける美しさを求めるならf2.8だろうなと思っています。

     

    100mm f2.8 STF GM 

    宴中にゲストの表情を抜いたり、前撮りなどのロケーションで焦点距離と描写が柔らかくてこれもたぶんかなりウェディングに向いていると思う。85mmよりこっちの方が良さそう。マクロとしても使えるし。金額もそれほど高くないし。

     

    あとはデスクワーク用

     

    最新の27インチのiMac。フルスペックで。今メインは結構前に導入したMac miniと古いアップルの液晶モニター。仕事はできるけど完璧じゃない。スピードも最近ちょっと遅いのが気になり始めた。

     

    書斎のデスク。自分の理想的なやつを見つけたいと思っています。

    マックのデスクトップ二台を置いて、物書きや事務作業ができるくらいの割と大きいもの。

     

    岡村製作所のシルフィー。横浜のオフィス家具メーカーのイスです。ずっと座ってるから。

     

    これらがあれば自分の中で理想的な仕事がこれからしていけると思う。少しずつだけど投資して行く。

     

    あとプライベート用に24mmの小さなレンズ。写真家として無印のα7につけて普段持ち歩きたい。時間に余裕ができたら何にも縛られずにこのセットで自由に写真を撮りたい。スナップで使うなら24mmの画角が20歳の頃から変わらず一番好き。これはツァイスでシャープな奴を出して欲しい。

     

    これからまたここでブログを書いていこうと思います。

    日々自分のグルグルしている頭の中を整理整頓する意味も込めて。

    | Log | 22:33 | comments(0) | - | pookmark |
    プロとして。α9について。
    0

       

      ものすごく久々にブログで文章を書いています。

       

      ツイッターやKnotの方のブログ(こちらもしばらく書いていませんが)ではちょくちょく発言していたのだけど、こちらに書いておこうかなと思って書きました。

       

      職業カメラマンとして写真を撮る仕事に向き合うようになって、ソニーを使い続けて来たけれどようやくα9が出てくれたという気持ちです。ミノルタ時代からαシリーズを使っている人にとってはフラッグシップの9番という番号を与えられている機種は特別なのですよね。

       

      プロ用のカメラとして今回開発されたEマウントのα9。

      ウェディングフォログラファーにとってもかなり素晴らしいカメラになっているなと思っています。

      昨年のソニーの懇親会でボディに対して技術者さんに話した内容はすでにとっくに盛り込まれていたことなんですね。

       

      ソニーに伝えたのは

       

      バッテリーの容量を増やしてほしいということ。

      一瞬を逃せない撮影をしているのでバッテリーはできるだけ交換したくないから。2.2倍の容量の新しいバッテリーをもう出してきたんですね。素晴らしい。持ち運ぶバッテリーは半分になるってことだ。

       

      AFを早く正確にしてほしいということ。

      構造上しょうがないというところを技術でなんとかできると信じていると無理矢理なことを言ったけど、もうとっくにできてたわけです。25%向上しているというのは体感できるものなのか早く使ってみたいと思う。

       

      そして、デュアルスロットにしてほしいということ。

      これはプロ機としては必須です。プロの仕事はデータが命。バックアップはしつこいくらいやっても足りないくらいだと思っています。

       

      僕にとって、連射のスピードはどうでも良いし、AFポイントの多さなんてのもどうでもいい。機能でカメラは見てないのです。

       

      ソニーのαシリーズの利便性は他社にはないものが盛りだくさんで、さらにプロ機としての堅牢性、そして細かいところを詰めて来たやる気。そしてα7シリーズとさほど変わらない大きさで仕上げてくれたということ。

       

      プロ機が大きい必要は全くない。と僕は思っている。ウェディングの現場で大きくて思いカメラなんて自分に足かせをしているようなものだと思っています。楽してなんぼです。

       

      そして、名前です。α9という冠が付いているということ。

       

      その冠が付いているカメラを使っているということをお客様、クライアントに見せること。

       

      これが自分が仕事をする上で一番大事なことだと思う。

       

      そして、もちろんこのカメラを使っているフォトグラファーとして自分を誇らしく思えるということ。

      これが最も大切な自らの仕事のモチベーションになるのです。

       

      きっと毎回カメラバッグから出すたびに気持ちがグンと上がるカメラでしょう。

       

      2台手に入れると思います。

      2台で100万円ですね。安いものだ。

      こんな素晴らしいカメラを手に入れられるフォトグラファーになれたことは本当に嬉しく思います。

       

      何より、できるだけいいカメラ、いいレンズで2人の最高の1日を撮ってあげたいという気持ちしか僕の中にはないですね。

       

      発売が待ち遠しい。

      | Log | 22:52 | comments(0) | - | pookmark |
      1635
      0
        この1635という数字を見るとフォトグラファーであれば、すぐにレンズの焦点距離のことだとわかると思うのだけど、僕が最近普段プライベートで持ち歩いているのは、このレンズです。

        まあプライベートでカメラをあまり持ち歩かなくなってしまっているのだけど、持っていくとしたらこればかり。

        大きくて重いけれども、やはりツァイスが付いているというだけで少しだけ気持ちが上がるのです。

        寄れるしシャープだし引けるし。被写界深度に関しては、どうせワイドなので深めでいいやとなるのでF4通しっていうのもすごく好き。たぶん2.8のツァイスなんて重くて持って行く気にはとてもならないと思うし。

        先日ヨドバシカメラのソニー担当の方と話したら、ソニーはワイドレンズが得意だと言っていました。まあ確かにそうなのかもしれない。ブライダルを撮る時は大体集合写真というものがあるのだけど、これが大活躍します。あとは背景を大きく入れて撮る時もとてもいい。

        おそらく今後noraをまたやる時には粉のレンズで行くかなと考えています。猫を撮るにはレンズが少し大きいけれども。。(あまり意識しない、意識させない程度の大きさの機材が理想的なのだけど)noraを風景写真として捉えている僕としては悪くない選択かもしれないと思って試してみたいのです。

        16を使えばいい感じに歪みますし、それも面白いなと思っていたりします。

        α7シリーズも広角レンズは結構充実してきたのですが、普段持ち歩くようにいずれはsonner 35mmf2.8あたりが欲しいなと思っています。やはりストリートスナップには35または24です。24もf値低めのコンパクトなのが出て欲しい。あと α6000の後継機種も少し楽しみです。

        って、カメラに詳しくない人は何を書いているのかさっぱりわからないと思いますが、最近僕は機材のことをとてもよく考えています。いい仕事をするために僕の周りのフォトグラファーは真剣に機材のことを考えていますので、だいぶ影響を受けています。他にも色々と真剣に考えています。夕食を何にするかということについてとか、次の挙式撮影のネクタイはどれにするかということについてとか。

        そうそう、ストロボの修理が終わって返ってきました。日曜日の撮影には間に合ったのですが、新品になってました。完全に壊れていたなあ。かなり安心して撮影ができた。機材のメンテンスしっかりやって仕事に支障がないようにしないと。友人のフォトグラファーもストロボが壊れていてTTLが使えないからずっとマニュアルだそうです。修行僧みたいな方ですが、それでも素晴らしいライティングをするので尊敬しています。
        | Log | 09:38 | comments(0) | - | pookmark |
        フォトグラファーになるということについて
        0
          僕自身は、それほどフォトグラファーという仕事にこだわっているわけではないです。

          もし他に好きなものができたらそちらをやるかもしれません。僕の周りでも色々な人がいて、色々な人がこの仕事についてたくさん語るのです。日々、そういう話を聞きます。

          だけど、誰かがなにかを言ったからといって、それに従う必要は一切ないです。
          やりたくなかったらやめればいいと思っています。

          僕が今この仕事をしているのは、今もあの頃と変わらずに写真に魅力を感じているからです。人を撮る仕事を続けているのは、人が好きだからです。好きなことを仕事にできている時点で僕は幸せだと思う。大変な仕事だと思いますが、やりがいもあるし、何より周りのフォトグラファーたちのレベルが高くて一緒に仕事ができることを誇りに思っています。

          もう少し長い文章を定期的に書きたいのだけど、あまり余裕がないのです。僕の力量不足だと思われます。
          | Log | 17:41 | comments(0) | - | pookmark |
          故障
          0
            sonyのクリップオンストロボはクイックシフトバウンスっていう機能があって、光軸がぶれずに瞬時に縦位置や方向を変えることができる結構画期的な機能を兼ね備えていて僕はとても気に入って、ガイドナンバー43のものを二台使って仕事をしています。

            にっぽん丸の時から使っていて、キャノンやニコンを使っている人が初めて見た時にこれに関しては結構驚いてもらえるのです。

            一台がずっと不調な感じだったのですが、ついにシンクロがおかしくなり、故障してしまいました。先日修理に出してきたのだけど、一台で撮影はなんとかこなせるのだけど、早く直って欲しい。

            ガイドナンバー60のものも出ているのだけど、以前α900を使っていた頃にガイドナンバー58のものをずっと使っていたのだけど、これはあまりにもオーバーヒートしやすくて早々に手放してしまって、噂によると60も結構オーバーヒートが早いようです。43だと大きなホールなんかだと心もとないかなと思っているのだけど、なんとかこなせるギリギリのラインで、おそらく60は巨大すぎてα7にはミスマッチだなと思っているのです。

            でも次買うなら60が欲しいんですよね。オーバーヒートが早く来ちゃうのはどうにか解消して欲しいなあ。

            レンズもどんどん充実してくるし、プロで使ってる人も徐々に増えているようで、同じカメラを使っているプロの人と友達になって情報交換したいなと思っている今日この頃です。
            | Log | 17:16 | comments(0) | - | pookmark |
            Bon Voyage終了しました
            0
              無事にグループ展Bon Voyageが終わり、本日搬出してきました。

              ご来場していただいた皆様ありがとうございました。
              僕自身はバタバタしていてなかなか在廊できる日が少なかったのですが、会えなかった方も楽しんでいただけたなら幸いです。
              作品は後日、どのような形になるかわかりませんが、ウェブサイトかどこかにアップします。

              今回は僕は初のグループ展ということで、やはりカジュアルのnoraシリーズをしかもシリーズ初のカラーで、初挑戦の木製パネル水貼りという古典的な展示方法にチャレンジしてみました。個人的には満足です。作品は可愛いと思っています。残ったものは時々家に飾ろうと思っています。木製パネルというのはなかなか温かくて軽くて好きです。

              以前のnoraシリーズを見た方は多分印象が随分違って見えたのではないでしょうか。

              もともと明るくない作品です。僕自身が根暗だというのが思い切りわかってしまう作品だと思います。実際前回やった月印のオーナー二人にはだいぶ暗いと言われました。それはいい意味でですけど。

              今後もnoraはライフワークとして撮っていきます。
              僕は本当に猫が好きではないのだけど、猫の写真を撮るのは好きなのです。猫が好きだからいい猫の写真が撮れるというわけではなく、猫が好きでなくても猫の写真を撮るのが好きであればいい猫の写真が撮れると僕は信じています。そして猫が好きな人は猫が好きな写真家の作品だけではなく、猫がそんなに好きじゃなくても、いい猫の写真であれば好きだと思うし、僕はそんな猫好きで猫写真好きな人が好きなので、そういう方のためにも、もちろん自分のためにも今後とも猫の写真を撮り続けるつもりです。

              なにより猫は色っぽいのです。僕はガールフレンドにしろ、友人にしろ、性格としては犬のように人懐こい人の方が好きです。安心しますから。でも、猫っぽい人に憧れを抱きます。僕にない部分だからです。隣の芝は青く見えるというやつだと思うのですが、僕は物心ついた頃からそういうところがあって、若い頃好きになる女性はわりと猫っぽい人が多くて、何度も振られてはまたそんな人を好きになったりしていたものです。

              僕はずっと写真に寄り添って生きてきたもので、写真は僕の人生の鏡のようなものです。だから、猫を撮ることはなんとなくそういうものが反映されているのではないかなと思っています。

              なので、おそらくですが。

              noraシリーズというのは僕の憧れのようなものが含まれていると思います。それは常に変化しているので、それに応じて作品もその時々で必然として変化していくものだと思うのです。

              おそらく、次回のnoraシリーズは原点に戻り、もう少し小さなプリントの額装で、もちろんモノクロームのプリントになります。もっといい作品になるはずなので、楽しみにしていてください。
              | Log | 22:28 | comments(0) | - | pookmark |
              A Tribute to Nina Simone
              0


                ひとまず、YouTubeで全部聴けるので通して聴いてみてほしい。

                僕はニーナシモンを知ったのは前に付き合っていたカナダ人のガールフレンドが大好きで彼女がよく聞いていたからです。
                ニーナシモンの声を初めて聞いたときに結構衝撃を受けて、それいらい注意しながら聞いたものです。もう三年くらい前の話だけど。

                注意しながら聞いたというのは、あまりにも独特の震えるような太い歌声で衝撃的だったので、すこし咀嚼する必要があったのです。素晴らしいブラックミュージックというのは僕はなんとなくそういう風に警戒をはじめにしてしまう。素直に受け入れるにはパワフルすぎるのです。

                このアルバムはローリンヒルがたくさん歌っているのだけど、相変わらずこの人も素晴らしい。彼女の歌声も男らしい。図太くて、力強くて僕は大好きです。アフリカの大地の匂いがします。赤い土の匂い。

                そのガールフレンドだった人も黒人の女性だったので、僕はその頃黒く染まっていました。
                とても黒く染まっていました。
                黒が世界で一番美しい色だと思っていました。

                僕はアメリカにおいての黒人の立場について、考えたこともなかったけれど、そういうものがバネになって素晴らしい音楽が生まれたんだということはその頃身をもって知ったのです。

                このアルバムを聴いていたらなんとなくそんなことを思い出したりしました。今仕事しながら聞いています。



                black is the color

                of my true lover's hair
                | Log | 20:18 | comments(0) | - | pookmark |
                お茄子
                0


                  庭で収穫した茄子、これで今年最後ではないかな。

                  勝手になった茄子なので傷だらけだけど、つやつやしていて美しい。
                  まだ皮は柔らかいからぬか漬けもいけるかな。
                  少し色が薄くなっているやつは皮がかためだからお味噌汁かな。
                  おをつけて、お茄子と呼びたくなります。この佇まい。

                  実はにっぽん丸勤務の友人が一時的に下船することになり、近々うちに泊まりに来るので、かれに焼き茄子でも出してあげようかなと思っているところです。また七輪で茄子焼いてから、サンマでも焼いて、焼酎でも飲もうかなと。でもサンマ焼くと3日くらい台所の匂いが取れないからどうしようかなと思っているところです。
                  彼は、バーテンダーだからお酒はもちろんかなり詳しいし、バーテンダーって人と話す職業だから知識がかなり深いんですよね。だから僕はにっぽん丸に乗っている時によく彼と飲んでました。シェリーの資格を持っていて、あの長い柄杓みたいなやつでシェリー酒を注げるんですよ。かっこいいですよ。写真しか見たことないけど。。

                  こんな話をしている場合ではなくて、まだ展覧会のキャプションを作れてないのです。もう搬入日が迫ってきてるので急いでサクッと作らないと。プロフィールと今回の作品について簡単に書いて会場に貼るやつ。

                  それからいろいろな物の整理を始めました。使わない物、要らない物を捨ててるところです。なんとなくだけど、そうしなければならないような気がしていて、船から降りて新しい人と出会うことが多くなってきていて刺激の多い日々ですが、それも家の物を減らすともっといろいろな物が入ってくるような気がしますから。

                  来月の半ば頃にソニーのレンズが何本か発表されるそうです。
                  ツイッターで見た噂によると結構本気を出してくるっぽいです。
                  楽しみです。
                  | Log | 22:10 | comments(0) | - | pookmark |
                  RUDDERLESS
                  0


                    銃乱射事件で、息子を亡くした父親が酒びたりの日々になってしまって、ある時息子が書いた曲を聴いて、その曲を歌い始めるという映画。バーで歌っていたら若者に誘われてついにはバンドを始めるのだけど。

                    実はこの映画、息子は銃乱射事件の加害者で6人を殺してしまっている。やはり感情移入はしにくいかもしれないけれど、なんというかそこが逆に僕はアメリカのリアリティをとても感じて感動しました。よかったです。映画としてのアメリカンナイズドがされていないところがとてもよかった。ファッキンハッピーエンドじゃないところがって言う意味です。言葉が汚くてすみません。

                    特にラストはとてもよかった。僕の父親の理想像はこの映画の主役のような人かなって思った。

                    音楽は良いなって改めて思った映画です。おすすめです。
                    | Log | 22:53 | comments(0) | - | pookmark |
                    BonVoyage在廊日
                    0


                      http://833apart.com

                      僕の在廊日決まりました。

                      基本的に、初日の19日と、24日、25日になります。

                      初日は人が大勢くると思います。いろんな人と知り合えると思いますし、オープニングパーティがあるのでお酒を飲みながら作品見たい方はこの日に是非。

                      24,25日は僕がおそらく一人でいるので、ゆっくりお話しできると思います。

                      よろしくおねがいします。
                      | Log | 13:18 | comments(0) | - | pookmark |
                      << | 5/62PAGES | >>