CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
Bon Voyage終了しました
0
    無事にグループ展Bon Voyageが終わり、本日搬出してきました。

    ご来場していただいた皆様ありがとうございました。
    僕自身はバタバタしていてなかなか在廊できる日が少なかったのですが、会えなかった方も楽しんでいただけたなら幸いです。
    作品は後日、どのような形になるかわかりませんが、ウェブサイトかどこかにアップします。

    今回は僕は初のグループ展ということで、やはりカジュアルのnoraシリーズをしかもシリーズ初のカラーで、初挑戦の木製パネル水貼りという古典的な展示方法にチャレンジしてみました。個人的には満足です。作品は可愛いと思っています。残ったものは時々家に飾ろうと思っています。木製パネルというのはなかなか温かくて軽くて好きです。

    以前のnoraシリーズを見た方は多分印象が随分違って見えたのではないでしょうか。

    もともと明るくない作品です。僕自身が根暗だというのが思い切りわかってしまう作品だと思います。実際前回やった月印のオーナー二人にはだいぶ暗いと言われました。それはいい意味でですけど。

    今後もnoraはライフワークとして撮っていきます。
    僕は本当に猫が好きではないのだけど、猫の写真を撮るのは好きなのです。猫が好きだからいい猫の写真が撮れるというわけではなく、猫が好きでなくても猫の写真を撮るのが好きであればいい猫の写真が撮れると僕は信じています。そして猫が好きな人は猫が好きな写真家の作品だけではなく、猫がそんなに好きじゃなくても、いい猫の写真であれば好きだと思うし、僕はそんな猫好きで猫写真好きな人が好きなので、そういう方のためにも、もちろん自分のためにも今後とも猫の写真を撮り続けるつもりです。

    なにより猫は色っぽいのです。僕はガールフレンドにしろ、友人にしろ、性格としては犬のように人懐こい人の方が好きです。安心しますから。でも、猫っぽい人に憧れを抱きます。僕にない部分だからです。隣の芝は青く見えるというやつだと思うのですが、僕は物心ついた頃からそういうところがあって、若い頃好きになる女性はわりと猫っぽい人が多くて、何度も振られてはまたそんな人を好きになったりしていたものです。

    僕はずっと写真に寄り添って生きてきたもので、写真は僕の人生の鏡のようなものです。だから、猫を撮ることはなんとなくそういうものが反映されているのではないかなと思っています。

    なので、おそらくですが。

    noraシリーズというのは僕の憧れのようなものが含まれていると思います。それは常に変化しているので、それに応じて作品もその時々で必然として変化していくものだと思うのです。

    おそらく、次回のnoraシリーズは原点に戻り、もう少し小さなプリントの額装で、もちろんモノクロームのプリントになります。もっといい作品になるはずなので、楽しみにしていてください。
    | Log | 22:28 | comments(0) | - | pookmark |
    在廊しております
    0
      本日より明日までグループ展Bon Voyageギャラリーに在廊しております。

      平日ですが、お客さん来てくださってます。

      僕の作品は一点、20000円で販売しております。

      皆様のお越しをお待ちしております。

      よろしくお願いします。
      | - | 13:50 | comments(0) | - | pookmark |
      A Tribute to Nina Simone
      0


        ひとまず、YouTubeで全部聴けるので通して聴いてみてほしい。

        僕はニーナシモンを知ったのは前に付き合っていたカナダ人のガールフレンドが大好きで彼女がよく聞いていたからです。
        ニーナシモンの声を初めて聞いたときに結構衝撃を受けて、それいらい注意しながら聞いたものです。もう三年くらい前の話だけど。

        注意しながら聞いたというのは、あまりにも独特の震えるような太い歌声で衝撃的だったので、すこし咀嚼する必要があったのです。素晴らしいブラックミュージックというのは僕はなんとなくそういう風に警戒をはじめにしてしまう。素直に受け入れるにはパワフルすぎるのです。

        このアルバムはローリンヒルがたくさん歌っているのだけど、相変わらずこの人も素晴らしい。彼女の歌声も男らしい。図太くて、力強くて僕は大好きです。アフリカの大地の匂いがします。赤い土の匂い。

        そのガールフレンドだった人も黒人の女性だったので、僕はその頃黒く染まっていました。
        とても黒く染まっていました。
        黒が世界で一番美しい色だと思っていました。

        僕はアメリカにおいての黒人の立場について、考えたこともなかったけれど、そういうものがバネになって素晴らしい音楽が生まれたんだということはその頃身をもって知ったのです。

        このアルバムを聴いていたらなんとなくそんなことを思い出したりしました。今仕事しながら聞いています。



        black is the color

        of my true lover's hair
        | Log | 20:18 | comments(0) | - | pookmark |
        お茄子
        0


          庭で収穫した茄子、これで今年最後ではないかな。

          勝手になった茄子なので傷だらけだけど、つやつやしていて美しい。
          まだ皮は柔らかいからぬか漬けもいけるかな。
          少し色が薄くなっているやつは皮がかためだからお味噌汁かな。
          おをつけて、お茄子と呼びたくなります。この佇まい。

          実はにっぽん丸勤務の友人が一時的に下船することになり、近々うちに泊まりに来るので、かれに焼き茄子でも出してあげようかなと思っているところです。また七輪で茄子焼いてから、サンマでも焼いて、焼酎でも飲もうかなと。でもサンマ焼くと3日くらい台所の匂いが取れないからどうしようかなと思っているところです。
          彼は、バーテンダーだからお酒はもちろんかなり詳しいし、バーテンダーって人と話す職業だから知識がかなり深いんですよね。だから僕はにっぽん丸に乗っている時によく彼と飲んでました。シェリーの資格を持っていて、あの長い柄杓みたいなやつでシェリー酒を注げるんですよ。かっこいいですよ。写真しか見たことないけど。。

          こんな話をしている場合ではなくて、まだ展覧会のキャプションを作れてないのです。もう搬入日が迫ってきてるので急いでサクッと作らないと。プロフィールと今回の作品について簡単に書いて会場に貼るやつ。

          それからいろいろな物の整理を始めました。使わない物、要らない物を捨ててるところです。なんとなくだけど、そうしなければならないような気がしていて、船から降りて新しい人と出会うことが多くなってきていて刺激の多い日々ですが、それも家の物を減らすともっといろいろな物が入ってくるような気がしますから。

          来月の半ば頃にソニーのレンズが何本か発表されるそうです。
          ツイッターで見た噂によると結構本気を出してくるっぽいです。
          楽しみです。
          | Log | 22:10 | comments(0) | - | pookmark |
          RUDDERLESS
          0


            銃乱射事件で、息子を亡くした父親が酒びたりの日々になってしまって、ある時息子が書いた曲を聴いて、その曲を歌い始めるという映画。バーで歌っていたら若者に誘われてついにはバンドを始めるのだけど。

            実はこの映画、息子は銃乱射事件の加害者で6人を殺してしまっている。やはり感情移入はしにくいかもしれないけれど、なんというかそこが逆に僕はアメリカのリアリティをとても感じて感動しました。よかったです。映画としてのアメリカンナイズドがされていないところがとてもよかった。ファッキンハッピーエンドじゃないところがって言う意味です。言葉が汚くてすみません。

            特にラストはとてもよかった。僕の父親の理想像はこの映画の主役のような人かなって思った。

            音楽は良いなって改めて思った映画です。おすすめです。
            | Log | 22:53 | comments(0) | - | pookmark |
            << | 6/229PAGES | >>